Chromebookの環境整備(4) – NASへのアクセス

ChromebookからWHS2011へアクセスできることを確認したついでに、Buffaloの年代物のNAS(LinkStation)へもアクセスできるように設定する。

まず、LinkStationの設定画面のメニューから「Webアクセス」→「フォルダ設定」と進み、アクセスしたいディスクをクリック。



「Webアクセス設定」がデフォルトでは「無効」となっているので、「登録グループ/ユーザのみ」(パスワード制限する場合)または、「アクセス制限なし」を選んで「設定」。 当然ながら、「登録グループ/ユーザのみ」を選んだ場合は「ユーザ管理」からユーザを登録しておく必要あり。
複数のディスクがある場合には、同じことを繰り返す。

次に「サービス設定」画面の設定では、BuffaloNAS.comを使った外部からのアクセスは不可としてイントラネットだけでの使用にするために次のようにした。
「その他のDNSサービス ホスト名」はルータのIPアドレス(192.168.1.1など)を入力。 「設定」を押して終了。

Chromebookから「http://(NASのIPアドレス):9000」にアクセスするとWebアクセスの画面になるので、左上のログインをクリックし、登録済のユーザ名とパスワードを入力するとディレクトリ・ツリーが表示されてファイルにアクセスできるようになる。


Chromebook関連一覧
HP Chromebook 11を個人輸入
HP Chromebook 11を使ってみる
Chromebookの環境整備(1) – Googleクラウドプリントをセットアップ
Chromebookの環境整備(2) – Chromeリモートデスクトップの設定
Chromebookの環境整備(3) – Windows Home Serverへのアクセス
Chromebookの環境整備(4) – NASへのアクセス
Chromebookの環境整備(5) – JoliDriveでオンラインストレージを一元管理する
Chromebookの環境整備(6) – SME Personal Cloudでオンラインストレージを一元管理する
Chromebookの環境整備(7) – ZeroPC Cloud Desktpでオンラインストレージを一元管理する
Chromebookのメディア再生機能を調べる
PlexでChromebookへのストリーミングを試す

スポンサーリンク

フォローする