大分・福岡旅行(1)  – 羽田から臼杵へ

昨年暮れに、大分へふぐを食べに行こうと計画した旅行。最初は往復共に福岡経由で移動しようかと思ったが、調べてみるとソラシド エアの羽田~大分の早期割引を使えば片道約13,000円で行けるのが分かったので予約。

ソラシド エアは経営不振でANAの傘下に入っている。いちおうLCCではなく、普通の航空会社。乗るのは今回が初体験。

DSCF3494

機材はB737。ANAとコードシェアしているくらいなので、座席のピッチは普通。飲み物のサービスもある。

DSCF3518

羽田沖はベタ凪。天気もよし。

DSCF3501

自宅からだと丹沢の山の陰になって見えない富士山の稜線が綺麗に見える。

DSCF3505

羽田空港の全景。沖に拡張した滑走路はこうなってたんや。

DSCF3509

川崎上空あたりから見た都心。やっぱり東京は大きい都市や。

DSCF3515

航路はかなり内陸。天気が良くて、南アルプスの山々もよく見える。

DSCF3516

その後、瀬戸内海上を飛んで、下を見たら丁度本四架橋が見えた。たぶん今治ルートの向島と因島の間の橋。

DSCF3539

飛行機は伊予灘を越えて、国東半島が見えてきた。

DSCF3550

大分空港到着。

DSCF3557

この空港はちょっと辺鄙なとこにあって大分市内までバスで1時間強掛かる。今日の目的地の臼杵までの直行バスは本数が少なく接続が悪かったので、まずはバスで大分駅へ向かう。

DSCF3560

空港バスは海岸沿いを南へ向かう。

DSCF3564

途中、湯けむり立つ別府を通過。温泉も捨てがたいが、今回の目的はふぐ。

DSCF3586

大分市内へ入る。地方都市とはいえ、今まで通ってきたところと比べると十分都会。

DSCF3592

大分駅に到着。 新しい駅ビルはまだ工事が残っていたけどほぼ完成みたい。

DSCF3595

ここから臼杵までは特急にちりんで行く。東京に居ると新幹線しか乗らないので、在来線の特急に乗るのは久しぶり。車両は787系。国鉄時代からの由緒ある特急つばめに使われていたためか、扉の横にはつばめのロゴ。

P_20150118_140231

社内はこんな感じ。JR九州の車両を多く手がけている水戸岡鋭治のデザイン。約20年経っていて新しくはないが、当時グッドデザイン賞を取っているだけあって、新幹線の画一的なデザインより面白い。

P_20150118_140348

隣には、同じく水戸岡鋭治デザインの885系が止まっていた。

P_20150118_140637

列車は一路臼杵へと向かう。

P_20150118_140826

約30分で臼杵に到着。駅前には石仏が一体。乗降客もほとんどおらず、客待ちのタクシー一台、がらんとした風景。

DSCF3605

東京よりも日が長いので、荷物をホテルに置いて街歩きに出かける。


関連リンク
大分・福岡旅行(1)  – 羽田から臼杵へ
大分・福岡旅行(2) – 臼杵街歩き(その1)
大分・福岡旅行(3) – 臼杵街歩き(その2)
大分・福岡旅行(4) – 臼杵でふぐを堪能
大分・福岡旅行(5) – 臼杵石仏
大分・福岡旅行(6) – 臼杵城跡〜稲葉家下屋敷
大分・福岡旅行(7) – 臼杵から博多へ
大分・福岡旅行(8) – 秋月日帰り小旅行
大分・福岡旅行(9) – 福岡市博物館

スポンサーリンク

フォローする