ニューオーリンズ & メンフィス旅行(8)ニューオーリンズのレストラン

P_20170928_080449_vHDR_Auto

Mena’s Palace

泊まっているホテルから1ブロック先、Iberville St.とChartres St.との角にある小さなレストラン。店の前面の壁にはガス灯が付いている。

P_20170928_075131_vHDR_Auto

朝早くからやっていて夕方には閉まってしまう。ニューオーリンズ最初の朝にふらっとはいってみると、店内は空いていて常連らしい老婦人が一人で朝食中。フロア担当も年配のおばさんで落ち着いた雰囲気。

P_20170928_075914_vHDR_Auto

ランチにはもう少し南部らしいメニューがあるようだが、朝は至って普通のアメリカの朝食メニュー。卵2つをお好みスタイルで、カリカリベーコンとハッシュポテト。オレンジジュースとコーヒーを飲めばアメリカに来たことを実感する。

P_20170928_080426_vHDR_Auto

後で昼頃に通りかかったらランチの客で満員だった。

Gambo Shop

ジャクソン・スクエアの近くにある有名店。

P_20170928_132106_vHDR_Auto

店に入ると奥にテラス席あり。

P_20170928_123215_vHDR_Auto

人気店で客が並んで待っていることも多いが、この日は待たずに室内の関へ案内された。

P_20170928_124027_vHDR_Auto

まずはビールを飲みながらメニューを吟味。さほど空腹ではなかったので、名物のガンボをカップでいただき、ポーボーサンドは1つを2人で分けることにした。

P_20170928_123542_vHDR_Auto

ガンボはシーフードとチキンがあるがシーフードがおすすめ。ニューオーリンズで何度かガンボを食べたが、この店のが一番味が濃厚で美味しかった。店名をベタな名前にするだけのことあり。

P_20170928_123945_vHDR_Auto

ガンボに付いて来るパン。あとでポーボーイ・サンドが来るからいらんねんけど。

P_20170928_124005_vHDR_Auto

しばらくしてサンドイッチ到着。見た目のでかさに仰天、これで半分。1つを2人で分けることにして良かった。

P_20170928_124914_vHDR_Auto

外から見えるところだけでなく、パンの中がくり抜いてあって、そこにトマト味のエビがぎっしりと詰められていた。味付けはあっさりめで旨い。

Central Grocery and Deli

ディケイター・ストリートにあるイタリア食材店。

P_20170929_095115_vHDR_On

店内はごく普通の食料品店。

P_20170929_094831

ところが、店の奥にはイートインのスペースがある。

P_20170929_093108

そして、レジの上には、こんな表示がある。そう、この店では「マフレッタ(Muffuletta)」というサンドイッチを売っていて、これを店内で食べることが出来る。メニューはマフレッタだけで、ホールかハーフを選ぶことが出来る。

P_20170929_092704

で、早速買ってみる。2人でもホールは食べ切れそうにないのでハーフを買ってみる。

P_20170929_092920

包を開くとすでに1/4サイズにカットされていた。

P_20170929_093102

サンドイッチの中身は、ハム、チーズ、ピクルス、オリーブオイルたっぷり。この丸いパンが硬すぎず、柔らかすぎず具とのマッチが絶妙。やや塩辛いのでビールかワインが欲しくなるが店内にはソフトドリンクの自動販売機があるのみ。

P_20170929_093151

カウンターの奥の調理場は撮影禁止とあったが鏡を撮影してみた。お昼に備えて製造中の様子。

P_20170929_094521

マフレッタは元々イタリアにあったサンドイッチなのかと思ったが、どうやらニューオーリンズのこの店が発祥の地らしい。確かに看板には「Home of the Original Muffuletta」とある。

Daisy Dukes

金曜日の夜に予約なしでシーフードを食べに行こうとしたら、ガイドブックに載っている様な店はどこも長蛇の行列。1時間半位待たないと入れないことが分かって緊急避難的に入った店。場所はフレンチクォーター中だったが、近所に2店舗あるらしい。

P_20170929_211739_vHDR_On

店の外観は夜だとシックに見えるが、入ってみるとカジュアルなファミレス風の店。かなり体格のよい家族が体をボックス席へ押し込んでいる。

P_20170929_203439_vHDR_On

ビールを飲み続けて炭酸の入っていないものを飲みたかったのでワインにする。期待していなかったというか、期待通り紙パックに入って売られているような白ワイン。

P_20170929_201906_vHDR_On

シーフードを食べ損ねたので、Oyster Basketにしてみる。出てきたカキフライはかなり小さいが味はまずまず。ビスケットとフレンチフライの量が多すぎ。

P_20170929_204014_vHDR_On

もう一皿は、Blackened Fish Platter。ブラッケンドスパイスを振った魚のグリルかと思ったが、出てきたのは白身魚のソテー。さなかの種類は分からないがあっさり系。これにビスケットとカップのガンボとフライド・グリーン・トマトが付く。フライド・グリーン・トマトは映画のタイトルにもなったが食べるのは初体験。完熟していないトマトを輪切りにして衣を付けて揚げたもの。

P_20170929_203853_vHDR_On

味もサービスもファミレスクラス。こういうところで食べていると揚げ物率が高くなるので要注意。

Mother’s

フレンチクォーターの南隣、ビジネス・ディストリクトにある食堂。滞在中に2回訪問したのはここだけ。店名のとおり南部のおふくろの味といった感じの家庭料理が食べられる。

P_20171001_193728_vHDR_Auto

注文の仕方が変わっていて、客は席に着く前にメニューを見て食べるものを選ぶ。店内のレジで注文するが、たいていレジの前は行列になっているので、並びながら何を注文するか考える。ここらはファストフード店に近い。

P_20170929_142034_vHDR_On

列の横は厨房で、何があるのかよく見える。

P_20170929_140522_vHDR_On

その日のスペシャルは黒板に書いてある。

P_20170929_140530_vHDR_On

レジで注文して飲み物はその脇で受け取る。飲み物とレシートを持って空いた席につくとフロア担当がやってきて、レシートを持っていく。しばらくすると注文した品がテーブルに届けられる。
この日は小腹が空いたくらいだったので、頼んだのは、ガンボ、ザリガニのエトフェ、チコリのコーヒー。ガンボは先日Gambo Houseで食べたのに比べるとあっさりめ。ザリガニはシーズンオフなので冷凍ものと思われるがエトフェも美味しかった。

P_20170929_142126_vHDR_On

壁には有名人(といっても殆ど知らないが)のサイン入り写真や軍人の写真が並ぶ。

P_20171001_201714_vHDR_Auto

夜来たときには、名物のハムと、

P_20171001_195239_vHDR_Auto

まだ食べていなかったジャンバラヤを注文。それぞれ、付け合せを選ぶとワンプレートで出してくれる。野菜不足気味だったのでクタクタに炊いたカブの葉がうまい。ジャンバラヤには肉の塊がゴロゴロ入っていてボリュームあり。

P_20171001_195203_vHDR_Auto

The Camellia Grill

カナル・ストリートからトラムでセント・チャールズ・アヴェニューを延々40分位乗った先にあるレストラン。評判が良いのでブランチに行ってみた。

場所は、トラムがサウス・キャロルトン・アヴェニューへと曲がったあたり。建物は立派な造りの白い建物。

P_20170930_092853_vHDR_Auto

店内はカジュアルなダイナーの雰囲気。テーブル席はなく全てカウンター。それも日本の下町の居酒屋のカウンターのように、出っ張りが2つあってそれぞれに接客担当が入る方式。

P_20170930_100013_vHDR_Auto

サンドイッチは、

P_20170930_094327_vHDR_Auto

ローストビーフとターキー入りでボリューム十分。

P_20170930_094436_vHDR_Auto

ハンバーガはバンズではなく、トーストした食パンで挟むタイプ。コールスローとチリ付き。

P_20170930_094702_vHDR_Auto

満足感高し。

P_20170930_095003_vHDR_Auto

そしてコーヒー。

P_20170930_093528_vHDR_Auto

場所が住宅地ということもあって、客の殆どは観光客ではなく地元の人たちが家族と一緒に食事を楽しんでいる様子。

Morning Call

このコーヒーショップもフレンチクォーターからトラムで40分くらい離れたところ、シティ・パークにある。ベニエといえばジャクソン・スクエアのカフェ・デュ・モンドが一番有名で、その次に名前が上がるのがこのMorning Call。

P_20170930_155345_vHDR_Auto

この正面入口から入れば良かったのだが、知らずに左側の入り口から入るとそこはテイクアウト用の注文窓口があり、その列に並んでしまった結果。コーヒーは紙コップ、ベニエは紙袋入りになってしまった。

P_20170930_153504_vHDR_Auto

それでもめげずに席に座ってベニエを食べる。味は普通の揚げパン。

P_20170930_153755_vHDR_Auto

店内はこんな感じ。

P_20170930_155233_vHDR_Auto

メニュー。コーヒーはカフェオレで、注文するとポットからコーヒーとミルクをデモンストレーションよろしく注いでくれる。

P_20170930_154521_vHDR_Auto

今度行くことがあったら、ちゃんとカップ&ソーサーで飲みたい。

Cafe Beignet

ロイヤル・ストリートにある小さな店。朝食に寄ってみた。

P_20171002_091019_vHDR_Auto

パン、ケーキの種類は多い。

P_20171002_091453_vHDR_Auto

店の名前にもなっているベニエもあった。

P_20171002_091647_vHDR_Auto

来ている客は明らかに観光客という人ばかり。

P_20171002_091411_vHDR_Auto

クロワッサンのサンドイッチと、

P_20171002_091847_vHDR_Auto

コーヒーで朝ごはん。

P_20171002_091751_vHDR_Auto

Acme Oyster House

フレンチクォーターにはシーフードの店が何件かあるが、いつも行列ができているのがこの店。込み始める時間を見越して、少し早めに出かけたがやっぱり並んでいた。

P_20171002_165814_vHDR_Auto

まずは生牡蠣を注文。日本の牡蠣に比べて小さい。

P_20171002_171442_vHDR_Auto

ニューオーリンズ風ブラッディ・メアリー、かなり辛い。なぜか茹でたいんげん豆が入っている。

P_20171002_172245_vHDR_Auto

甘くないカクテルをと言って頼んだが、これは失敗。素直にビールにしておけば良かった。

P_20171002_172306_vHDR_Auto

スープは日替わりのものにしたが、シーフードとコーンが入った不思議な味。不味くなないがちょっと微妙。

P_20171002_174706_vHDR_Auto

クラブケーキという名前からカニ肉を固めたようなものを想像していたが、衣を付けて揚げたメンチカツのようなものだった。付け合せはフレンチフライにハッシュパピー。ハッシュパピーはコーンブレッドを揚げたアメリカ南部のためもの。ほんのりと甘い。揚げ物料理の付け合せが揚げ物というのもすごいなと言いながら食べてしまう。

The Grill

ニューオーリンズからメンフィスへ移動する日の朝食に行った店。前日に前を通りかかって、朝ごはんに良さそうと目を付けておいた。

P_20171003_080520_vHDR_Auto

店の中は、先日行った「The Camellia Grill」と同様にカウンターだけ。食べた後は伝票をレジに持っていって支払いする方式。

P_20171003_081420_vHDR_Auto

カウンターの中はすぐに厨房というのも同じ。

P_20171003_081018_vHDR_Auto

1つのサンドイッチを2人でシェアすると言ったら、2つの皿に分けてくれた。

P_20171003_081828_vHDR_Auto

そして、もう食べられないかもしれないので、朝からガンボ。

P_20171003_082034_vHDR_Auto

ニューオーリンズは元フランス領だったせいかコーヒーが薄いアメリカンではなく、しっかり濃くておいしい。

P_20171003_081339_vHDR_Auto

関連ページ

スポンサーリンク

フォローする