ニューオーリンズ & メンフィス旅行(7)ニューオーリンズの観光スポット(フレンチクォーター外)

P_20171001_122243_vHDR_Auto

ルイ・アームストロング・パーク

フレンチクォーターの湖側、北西端のノース・ランバート・ストリートを超えた先にある公園。歩いて行けるが、フレンチクォーターも北の方は商店がなく普通の住宅地。この日は午前中だったが車の通行も少なく、歩いている人もあまり見かけなかった。暗いときには歩きたくないところ。

P_20171001_121202_vHDR_Auto

ノース・ランバート・ストリートは中央分離帯のある大きな通り。写真はセント・フィリップ・ストリートとの交差点。左がフレンチクォーター側。

P_20171001_121454_vHDR_Auto

ルイ・アームストロング・パークの入り口。

P_20171001_121834_vHDR_Auto

入ったところにセカンドラインの銅像。トランペット、トロンボーン、サックス、チューバと街中で見かけたバンドと同じような構成。

P_20171001_121940_vHDR_Auto

雨上がり後の朝だったので、数人散歩している人が居ただけで人気は少ない。緑が多くて静か。

P_20171001_121741_vHDR_Auto

コンゴ・スクエア

ルイ・アームストロング・パークに向かって左側に隣接する広場。かつて奴隷だった黒人が集まる社交場の広場だったところで、ジャズが誕生した場所とも言われている。

P_20171001_123306_vHDR_Auto

この日はイベントが行われるようで、テントの設営や太鼓の練習が行われていた。

P_20171001_123915_vHDR_Auto

セントルイス・セメタリー No. 1

セントルイス・セメタリーは2ヶ所あって、コンゴ・スクエアから2ブロック離れたところにあるのがNo.1。もう一つのNo.2はそこから更に北へ3ブロック行った所。No.1へ向かっていくと、塀に囲まれた墓地が見えてくる。

P_20171001_124802_vHDR_Auto

入り口があって入ろうとすると、ツアーに申し込まないと入れないとのこと。死の町ニューオーリンズは墓場までも商売にするのか。

P_20171001_124953_vHDR_Auto

わざわざツアーに参加するのもなぁということで中にはいるのを断念。塀の外側から見えるところだけを見る。ニューオーリンズは低湿地で土葬に向かなかったので地上部分に小さな家のような墓を作ってその中に埋葬したという話。なのでどういうものか興味はあったが、塀越しで我慢。

P_20171001_125136_vHDR_Auto

近くの道端にあったユーティリティBox。ジャズのミュージシャンのペインティングが施されている。

P_20171001_124743_vHDR_Auto

セント・チャールズ・ストリートカー沿線

Canal at Carondelet から S. Carrollton at S. Claiborne - Google マップ - Mozilla Firefox 2017-10-19 13.36.10

カロンテレット・ストリートとカナル・ストリートとの交差点が出発点。ストリートカーに乗ろうとする観光客でごった返すが、この日は朝早めだったので混雑なし。この路線は世界一古い路面電車で車両は緑色の古いタイプ。出発したあとカナル・ストリートを1区画南下し、右折してセント・チャールズ・アヴェニューへ入る。

P_20170930_082819_vHDR_On

乗車は前から。運転手は女性だった。座席は木製で「欲望という名の電車(A Streetcar Named Desire)」を思わせる、「Desire」の路線はもうないが。降りるときは窓のところに張られてるワイヤーを引いて運転手に知らせる。

P_20170930_083045_vHDR_On

乗車時に24時間乗り放題のDay Pass、$3を買う。代金を渡そうとすると乗車口にある券売機に入れろというので$3入れて発券してもらう。お釣りが出るかどうか分からないので1ドル紙幣で$3を用意しておいた方が良さそう。このチケットで市内の別路線にも乗れる。

P_20170930_112225_vHDR_Auto

セント・チャールズ・アヴェニューに入って最初のうちはビジネス街を走る。暫く行くとリー・サークルのランナバウトがある。元々この塔の上には南軍のりー将軍の像があったが、撤去されていた。撤去は今年5月に行われたらしい。

P_20170930_084050_vHDR_Auto

さらに進んで高速を越えると周囲は住宅地になっていく。ストリートカーの軌道には自動車が入れず、適当に草が生えて緑地の中央分離帯のようになっているので土曜の朝のジョギングを楽しむ人が多い。

P_20170930_084539_vHDR_Auto

この通り沿いは高級住宅地らしく、コロニアル風の豪華な家もあり。個人宅かどうか分からないが・・・

P_20170930_085754_vHDR_Auto

30分ほどで左手に大きな公園オーデュボン・パークが見えてくる。

P_20170930_090549_vHDR_Auto

通りの反対側は、テューレン大学のキャンパスに入ってみる。この大学はアメリカ全国でトップ50に入る名門私立大学。土曜の朝で広々としたキャンパスに学生の姿は見えない。

P_20170930_103805_vHDR_Auto

木の上にリスを発見。

P_20170930_110211_vHDR_Auto

テューレン大学に隣接して、もう一つロヨラ大学があった。こちらはイエズス会系の私立大学。

P_20170930_111153_vHDR_Auto

やがて電車はセント・チャールズ・アヴェニューの終点に達し、ここでサウス・キャロルトン・アベニューへと右折する。

P_20170930_091227_vHDR_Auto

サウス・キャロルトン・アベニューは街路樹が大きく茂って早朝は爽快。

P_20170930_091649_vHDR_Auto

ハロウィン用のかぼちゃを大量に日干ししているところがあった。

P_20170930_092140_vHDR_Auto

ストリートカーから撮った動画は以下をご覧ください。

オーデュボン公園付近

セント・チャールズ・アヴェニューからサウス・キャロルトン・アヴェニュー方面

キャナル・ストリートカー沿線

Canal at Decatur (Out) から Museum of Art - Google マップ - Mozilla Firefox 2017-10-19 13.33.09

1日乗り放題チケットがあるのでキャナルストリートの路線でシティ・パークまで行ってみる。停留所はすぐに見つかるし、場所をGoogleマップで調べることもできる。

P_20170930_145232_vHDR_Auto

北方向へ行くストリートカーの行き先は2つしかない。シティ・パークへ行くので48番に乗る。

P_20170930_145221_vHDR_Auto

座席は木製。しかし、セント・チャールズ・アヴェニューの緑色の車両よりも一回り大きくずっと新しい。

P_20170930_145653_vHDR_Auto

フレンチクォーターからミッドシティ方向へ進む。大きな総合病院を過ぎて住宅地へと進んでいく。

P_20170930_150700_vHDR_Auto

ミッドシティの住宅地はなんとなく殺伐とした感じで景色としても映えない。

P_20170930_151321_vHDR_Auto

カナル・ストリートからノース・キャロルトン・アベニューへと曲がるところ。

P_20170930_151518_vHDR_Auto

ノース・キャロルトン・アベニューを進み、シティ・パークへと近づくに連れ瀟洒な住宅地になっていく。セント・チャールズ・アヴェニューほどの豪邸はないが・・・。車内から撮った動画はこちら。

シティ・パークの入り口がストリートカーの終点。

P_20170930_161115_vHDR_Auto

シティ・パークは広すぎてとても回れないので「Morning Call」というカフェで名物のベニエを食べて、Museum of Artの建物だけ見て帰途につく。

P_20170930_155836_vHDR_Auto

敷地内に線路があるので何かと思ったら、観光用の小さな機関車が走っていた。

帰り道、あと少しでフレンチクォーターというところで突然停車。動かないので車両故障かと思ったら、前後の車両すべて止まっている様子。どうやら電力系の問題らしい。運転手から代替のバスが来るというアナウンスがあったが、皆降りて軌道内をあるき始める。

P_20170930_164457_vHDR_Auto

ここにもアートペイント済のボックスあり。

P_20170930_164844_vHDR_Auto

フレンチメン・ストリート

P_20170928_134339_vHDR_Auto

この通りは、ミシシッピ川河畔からポンチャートレーン湖近くまで南北に7~8kmもある長い通り。しかし、旅行者や音楽好きにとって興味あるのはフレンチクォーターに隣接した2ブロック、150mくらいの区間。ここに名の知れたライブハウス、レストラン、バーが集中している。ホテルからそこそこ離れていて、かつ夜の行き帰りのルートが心配だったので、ニューオーリンズ到着翌日の日中に下調べに行ってみた。

P_20170928_134627_vHDR_Auto

夜の街なので昼間は眠っているようなもの。

P_20170928_135143_vHDR_Auto

フレンチクォーター側から行くと、通りの入口にあたる場所に「Louisiana Music Factory」というレコードショップがあった。

P_20170928_135428_vHDR_Auto

CDだけでなくレコードも揃えているマニア向けの店。レコードの復権は世界的な流れか?

P_20170928_135609_vHDR_Auto

そして、夜に来てみると雰囲気は一変していた。

P_20170928_195538_vHDR_Auto

音楽を演っている店の前には人だかり。

P_20170928_195624_vHDR_Auto

夜遅くまで大賑わい。

P_20170928_210039_vHDR_Auto

関連ページ

スポンサーリンク

フォローする