今日の映画 – イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(The Imitation Game)

数学者アラン・チューリングの伝記映画。チューリングは第2次世界大戦時にドイツの有名な暗号器エニグマの暗号を解読するのに貢献したのにそういった事実は機密保護のために公開されなかった。その間にチューリングは同性愛で有罪となり、不遇のまま42歳で死んでしまう。名誉回復したのは死後50年以上経ってから。

TheImitationGame2

映画はチューリングの少年時代、エニグマの解読に携わる時期、同性愛が露見して逮捕、有罪判決から死亡までの3つの異なる時期の話が並行して進んでいく。形としては、刑事の尋問に答える形で過去を語るとなっているけど、これは脚本上の創作。

エニグマ解読に係る以前の業績にはほとんど触れられていないが、チューリングが数学の問題を解くために考案した仮想機械「チューリングマシン」は情報工学の教科書の最初の方に出てくる。チューリングがそれを意図したかどうかは分からないけど、チューリングマシンは現在のコンピュータの原型みたいなものなので、ITの便利さを享受している現代人はチューリングに感謝すべきと思う。

このチューリング、ゲイであること以外でも相当な変人だったようで、この手の役向きの主演ベネディクト・カンバーバッチは水を得た魚のように成りきっている。一度観てしまうと他の俳優ではこの映画造りがイメージできないくらいのはまり役。アカデミー賞は取れなかったけど。

相手役のキーラ・ナイトレイもよい。出だしのころは、スターウォーズでナタリー・ポートマン演ずるアミダラの影武者とかをやっていたが、最近の活躍ぶりはポートマンを超えていると思う。

映画の中で暗号解読チームが取り組むエニグマとその解読過程は、サイモン・シン著の「暗号解読」に詳しい。この本はエニグマの構造や暗号理論を普通の人にも分かりやすい読み物にしていてお勧め。

映画は部分的に省略・簡略化している部分があって、イギリスが最初に難攻不落のエニグマを解読したかのように見えるが、最初に初期型のエニグマの解読に成功したのはポーランドのチーム。

ただし、ドイツもエニグマをさらに複雑にして人的・財政的制約があったポーランドがそれまでの成果をイギリスとフランスに託してチューリング達がより完成度の高い解読方法と機械を作ったという話。

エニグマ自体は暗号ではなく、暗号を作る機械。連合軍はエニグマの機械は手に入れたものの、暗号を作る際に使う鍵(円盤の順序、円盤の位置、プラグの位置)が毎日変更されるため、その鍵を見つける(解読)努力を続けていたということ。

チューリングが卓越していたのは、それまで人の勘にたよっていた解読のほとんどの部分を機械で総当り的に対処しようとしたこと。ただ、当時の技術ではエニグマが作り出すすべての組み合わせを計算するのは無理だったので色々と知恵を使って探索する数を絞り込んだりしている。

解読ようのマシンも、なんとなくコンピュータを思わせる風貌をしているが、中身はエニグマを3台連ねたものが入っていて、今のコンピュータとは全く違うもの。今なら、PCを使ってエニグマの暗号を解くこともできるかもしれない。

映画の中では暗号解読要員を募集するに当たって、新聞紙上にクロスワードクイズを載せて、その正解者から採用するという話があるが、そのクロスワードが前述の「暗号解読」に載っていた。映画ではキーラ・ナイトレイが最優秀で採用されるが、実際にそういう女性がいたのかどうかは分からない。

CrossWord

第2次世界大戦のころにイギリスで同性愛が犯罪だったというのにも驚くが、逮捕されて尋問を受けるところのチューリングのセリフで、人間と機械が同じか違うかというくだりのところは、同性愛者を含めた人間の多様性について話していると思う。あと、このシーンは映画「ブレードランナー」でレプリカントと人を見分ける問答を連想させる。

そういう訳で、この映画は興味深く観ることができた。好みの映画なので採点はちょっと甘目で4.5。


Trailer


2015年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
13 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 The Imitation Game Morten Tyldum 4.5
12 妻への家路 帰来 張芸謀 4.0
11 シェフ 三ツ星フードトラック始めました Chef Jon Favreau 3.5
10 フォックスキャッチャー Foxcatcher Bennett Miller 3.5
9 アメリカン・スナイパー American Sniper Clint Eastwood 4.0
8 おみおくりの作法 Still Life Uberto Pasolini 3.0
7 エクソダス 神と王 Exodus: Gods and Kings Ridley Scott 3.5
6 ドラフト・デイ Draft Day Ivan Reitman 2.5
5 今日の映画 – 特捜部Q 檻の中の女 Kvinden i buret Mikkel Norgaard 3
4 KANO 1931海の向こうの甲子園 KANO 馬志翔 3.5
3 ジミー、野をかける伝説 Jimmy’s Hall Ken Loach 3.5
2 シン・シティ 復讐の女神 Sin City: A Dame to Kill For Robert Rodriguez, Frank Miller 3.5
1 毛皮のヴィーナス Venus in Fur Roman Polanski 4.0
スポンサーリンク

フォローする