今日の映画 – デッド・ドント・ダイ(The Dead Don’t Die)

Poster of the dead don't die

映画レビュー

ジム・ジャームッシュの新作、しかもゾンビ物となれば観ない訳にはいかない。主演は、「ブロークン・フラワーズ」のビル・マーレイと「パターソン」のアダム・ドライバーと過去にジム・ジャームッシュ作品に出演した二人の組み合わせ。さらに、同じく「ブロークン・フラワーズ」に出ていたティルダ・スウィントンとクロエ・セヴィニーに加えダニー・グローヴァーなどのベテランが脇を固める。さらにミュジシャンのイギー・ポップ、セレーナ・ゴメスなど豪華版。

映画はなんというか不思議系。笑いを取るところが随所にあってコメディとも言えるが、出演者が皆リアリティの無いことをごく自然かつ真面目に演技していることで不思議な雰囲気を醸し出している。例えば、ゾンビの最初の犠牲者が発見されただけで複数の人間がゾンビの仕業だと主張して、その意見が誰にも反論されることなく自然に受け入れられるところなど。

ビル・マーレイは見た目は普通のおっさんやけど、「ゾンビランド」にも出てるし、不思議系の監督ウェス・アンダーソンの作品では「天才マックスの世界」、「ライフ・アクアティック」、「ダージリン急行」、「ムーンライズ・キングダム」、「グランド・ブダペスト・ホテル」、「犬ヶ島」に出演する常連。なので、不思議系はお手の物。

方やアダム・ドライバーは、最初に観たスター・ウォーズシリーズのカイロ・レン役ではどうかと思ったけど、前述の「パターソン」以降、「沈黙 – サイレンス」、「ローガン・ラッキー」、「ブラック・クランズマン」、「マリッジ・ストーリー」と全く異なる役柄を見事に演じ分けていて注目の俳優。この映画では、ゾンビが出ても冷静さを失わない警察官役なのに、大きな体をsmartに押し込んで運転してくるとこなんかええ感じ。スターウォーズもちょこっとパロってるし。

映画のストーリーもかなり不思議で、不思議キャラのティルダ・スウィントンがかっこよく救世主となって主要キャラクターを助けるのかと思ったら、思わぬ方法でさっさと立ち去ってしまうし、鑑別書から脱出した少年少女たちの安否は触れられないまま終わってしまうし、ラストも選択肢は他にもあったはずなのに、ごく自然に好ましからざる選択をして終わってしまう。

真面目に考えると納得できないところだらけの映画やけど、それでもなぜか観た感じがする映画なところが不思議といえば不思議。

予告編

2020年に観た映画

(準備中)

スポンサーリンク

フォローする