今日の映画 – Dearダニー 君へのうた(Danny Collins)

アル・パチーノが盛りを過ぎて惰性で過ごしている、といっても自家用ジェットを持つくらいは稼いでいる老ロック・スター、ダニーを演じる映画。一捻りあるのは、若いころに受けたインタビュー記事を見たジョン・レノンが手紙をくれたのに、その手紙がダニーに届かずに、40年以上経ってオークションに出されていたのを発見して初めて知ったという設定。

Danny Collins

それがきっかけで若いころの気持ちを思い出したことにより、今の生活を変え、今まで会ったこともなかった息子とその家族とよりを戻そうとする。息子の家族とその病気の治療を援助しようとするところはいささか陳腐。

ところが、ジョン・レノンの手紙というのは創作ではなく、モデルになったフォーク歌手がいるそうで、映画のダニーほど成功はしていないみたいやけど、届かなかった手紙は本当にあった話。本人らしき人の写真と本物の手紙がエンドロールのところでちらっと写る。映画の中でもジョンの曲が何曲も使われている。

キャスティングはクリストファー・プラマーがダニーのマネージャーという軽い役。ええ具合に歳をとってええ感じ。息子役のボビー・カナヴェイルは「ブルージャスミン」ではジャスミンの妹の婚約者、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」でのスーシェフ、「アントマン」では主役の別れた奥さんと再婚する警察官と来てこの映画。このまま脇役で行くのか、主役を張れるようになれるかはまだこれから。

主演のアル・パチーノは、歴史に名前が残る俳優であるのは間違いないけど、一番光っていたのは70年台の一連の出演作やと思う。その後は、「セント・オブ・ウーマン/夢の香り」で念願のアカデミー主演男優賞を獲得した以外はこれはという映画に出ていないように思う。

そのアル・パチーノが75歳でイメージ・チェンジしたのがこの映画。さすがに、ロック・スターというのはしんどいけど、ショービジネス界を生き抜いていたスターの雰囲気を十分発散している。映画の中でも2曲ほど自分で歌って、いるし、身長167cmという背の低さもうまくごまかして舞台のシーンまで演っている。このバイタリティはすごいなと思う。


Trailer


2015に観た映画

番号 邦題 原題 監督 評価
49 Dearダニー 君へのうた Danny Collins Dan Fogelman 4.0
48 アメリカン・ドリーマー 理想の代償 A Most Violent Year J. C. Chandor 4.0
47 テッド2 Ted 2 Seth MacFarlane 3.0
46 わたしに会うまでの1600キロ Wild Jean-Marc Vallée 4.0
45 ジュラシック・ワールド Jurassic World Colin Trevorrow 3.0
44 アントマン Ant-Man Peyton Reed 3.5
43 キングスマン Kingsman – The Secret Service Matthew Vaughn 4.5
42 黒衣の刺客 聶影娘 侯孝賢 3.0
41 ヴィンセントが教えてくれたこと St. Vincent Theodore Melfi 4.0
40 ナイトクローラー Nightcrawler Dan Gilroy 4.0
39 ふたつの名前を持つ少年 Lauf Junge Lauf Pepe Danquart 3.5
38 さよなら、人類 A Pigeon Sat on a Branch Reflecting on Existence Roy Andersson 3.5
37 人生スイッチ Wild Tales Damian Szifron 4.5
36 ラブ&マーシー 終わらないメロディー Love & Mercy Bill Pohlad 3.5
35 フレンチアルプスで起きたこと Force Majeure/Turist Ruben Ostlund 4.0
34 オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 Locke Steve Knight 4.5
33 チャイルド44 森に消えた子供たち Child 44 Daniel Espinosa 4.0
32 ターナー、光に愛を求めて Mr. Turner Mike Leigh 3.5
31 アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生 Advanced Style Lina Plioplyte 3.0
30 マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road George Miller 4.0
29 靴職人と魔法のミシン Cobbler Thomas McCarthy 3.0
28 スライ・ストーン Sly Stone Willem Alkema 3.0
27 ジェームス・ブラウン〜最高の魂を持つ男 Get On Up – The James Brown Story Tate Taylor 4.0
26 チャッピー Chappie Neill Blomkamp 4.5
25 イタリアは呼んでいる The Trip to Italy Michael Winterbottom 4.0
24 マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight Woody Allen 4.5
23 セッション Whiplash Damien Chazelle 4.0
22 リトル・ダンサー Billy Elliot Stephen Daldry 3.5
21 パレードへようこそ Pride Matthew Warchus 3.5
20 ディオールと私 Dior and I Frederic Tcheng 3.0
19 JIMI: 栄光への軌跡 Jimi: All Is by My Side John Ridley 4.0
18 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) Alejandro Gonzalez Inarritu 4.0
17 インド・オブ・ザ・デッド Go Goa Gone Raj Nidimoru, Krishna D.K. 3.5
16 女神は二度微笑む Kahaani Sujoy Ghosh 4.0
15 パリよ、永遠に Diplomatie Volker Schlondorff 3.0
14 博士と彼女のセオリー The Theory of Everything James Marsh 3.5
13 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 The Imitation Game Morten Tyldum 4.5
12 妻への家路 帰来 張芸謀 4.0
11 シェフ 三ツ星フードトラック始めました Chef Jon Favreau 3.5
10 フォックスキャッチャー Foxcatcher Bennett Miller 3.5
9 アメリカン・スナイパー American Sniper Clint Eastwood 4.0
8 おみおくりの作法 Still Life Uberto Pasolini 3.0
7 エクソダス 神と王 Exodus: Gods and Kings Ridley Scott 3.5
6 ドラフト・デイ Draft Day Ivan Reitman 2.5
5 特捜部Q 檻の中の女 Kvinden i buret Mikkel Norgaard 3.0
4 KANO 1931海の向こうの甲子園 KANO 馬志翔 3.5
3 ジミー、野をかける伝説 Jimmy’s Hall Ken Loach 3.5
2 シン・シティ 復讐の女神 Sin City: A Dame to Kill For Robert Rodriguez, Frank Miller 3.5
1 毛皮のヴィーナス Venus in Fur Roman Polanski 4.0
スポンサーリンク

フォローする