複数の写真からfacebookのカバー写真を作る方法

旅行で撮った写真とか、テーマに沿ったいくつかの写真をタイル状に並べてfacebookのカバー写真を作るためのメモ書き。

1. 組み合わせる写真の段組と枚数を決める 

カバー写真のサイズは横851ピクセル、縦315ピクセルなので、5列✕2段に組むとすれば10枚となり、1枚のサイズは横170.2ピクセル✕縦157.5ピクセル。

10枚の写真を用意する。ただし下段、左端の写真はプロフィール写真と重なってほとんど見えない。

2. 所定の縦横比で写真を切り出す

切り出しにはJPEGファイル切り出しプログラム buffが便利。 最初からピッタリサイズで切り出そうとすると端数のピクセルが出てしまうので、今回は最終サイズの10倍のサイズ(横1702ピクセル✕縦1575ピクセル)で切り出すことにする。

編集-オプションから、1702✕1575の切り取りサイズを追加設定し、元のファイルを読み込むと枠が現れるので、これをドラッグしたりリサイズして範囲を選択し、切り取り、保存する。 これを10枚全てに行う。

3. リサイズして写真のサイズを揃える

10枚の写真の縦横比は同じだが、切り出し時にリサイズしているので大きさが異なる。 これらを揃えるために適当な画像編集ソフトでリサイズする。 ここではJTrimを使う。 イメージ-リサイズで先ほどの1702✕1575を指定して拡大・縮小を行い10枚の写真の縦横ピクセル数を同じに揃える。

4. 合成する

次に10枚の写真を5列2段に合成する。 使うソフトはJointogether。 キャンバスのサイズを最終画像の10倍、横8510✕縦3150にセットしたら、10枚の画像を並べる順序を考慮しながら順次読み込んでいく。 左下はプロフィール写真と重なってほとんど見えなくなるので注意。

プレビューで合成した写真を確認してOKであればPNGで保存する。

5. 最終のピクセル数にリサイズする

出来上がった合成画像の縦横サイズはfacebookの指定サイズの10倍になっているので、これを1/10に縮小して完成。

6. facebookへアップロードする。

スポンサーリンク

フォローする