「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展」 @世田谷美術館

これは見に行きたかった展示、ささやかながら100円割引券が手に入ったので、空いてそうな平日の開館直後を狙って行ってみる。

IMG_20140815_095718

世田谷美術館へ行くのは今年の3月以来。あの時は気候も良かったので歩くこともできたけど、この猛暑の中を行く気にはならないので、用賀駅からの直行バスに乗る。料金は100円。

IMG_20140815_095121

砧公園の中の美術館までの路は木陰になって暑くない。

IMG_20140815_095355

途中、あちこちにあるポスターなどの表記が「ジャポニスム」で「ジャポニズム」でないことに引っかかっていたけど、フランス語の「Japonisme」なので「s」が濁らないということが後から分かった。

IMG_20140815_095500

美術館の前景、天気良し。

IMG_20140815_095532

開館直前に行ったのに、既に行列。お盆休み時とはいえ、美術館好きやね、日本人。

IMG_20140815_095625

撮影できるのはここまで。

WP_20140815_012

一般展示を引っ込めて、1階、2階両方を使った展示。ボストン美術館が持ってる日本関係の作品の一部にしか過ぎないと思うけどジャポニスムに絞った内容で面白かった。

日本の浮世絵の里帰り作品とそれに直接、間接の影響を受けたヨーロッパ、アメリカの作品(主に印象派)を対比させての展示が基本やった。 中には「なるほど!」と思わせるものもあるし、「ちょっと、こじつけっぽいな」と思わせるものもあったけど。

売店で売ってるものには元々期待はしてないけど、こんなもんまで作るとは、なんでもアリの世界。

WP_20140815_010

帰りは、少し先の砧町バス停から渋谷駅行きがあるのが分かったので、のんびりバス旅行で帰る。

WP_20140815_017


世田谷美術館 (東京都世田谷区砧公園1−2)

スポンサーリンク

フォローする