今日の映画 – フレンチアルプスで起きたこと(Force Majeure/Turist)

映画大国とは言えないけど、「ミレニアム」シリーズや「100歳の華麗なる冒険」など味のある作品が気になるスゥエーデンの映画。カテゴリーとしてはコメディになると思うけど、ブラック満載、かなり楽しめる。

Turist

スウェーデンからバカンスでフランスのスキーリゾート地へやってきた一家の話。最初は家族4人で楽しんでいたが、レストランでランチ中にスキー場が安全のために起こした人工雪崩が思ったより大きく、レストランへと迫った際に、父親が母親、娘、息子を残して自分だけ逃げたことからおかしくなっていく。

この父親も、過ちを認めて素直に謝れば良いものを、逃げたか逃げていないかは見方によって異なるとか理屈をこねて言いくるめようとしたあげく、余計に不信を買って最後は嘘泣き(これもすぐにバレるけど)するところまで追い込まれる。

結局家族崩壊には至らず、両親の微妙な雰囲気を察した子どもに対してもなんとか取り繕うが、家庭内の力関係で父親はこの先気の毒なことになりそう。

と書いてしまうと、家族間のゴタゴタの映画みたいやけど、この映画が異彩を放っているのは映画の流れの中での絶妙な「間」。これが、この後に何かがおこるのんちゃうかなと不安感を抱かせる。映像も、スキー場の夜景で、人工雪崩を起こすための装置と思うけど、あかりが灯っているように見えるところなんか気持ちわるいし。時々短く挿入されるビバルディの「四季」の一節にもドキッとさせられる。雪山からは「シャイニング」を連想してしまうが、この映画はホラーの香りがする。

ラストのバスのシーンは解釈が難しいけど、ストレートに読むと、家族を置いて逃げた父親(=男)とバスを止める行動に出た母親(=女)との対比で、子どもを守るために、頭で考えないと行動できない「男」と感覚で行動してしまう「女」との違いを提示しているということか。これで、父親はいよいよ肩身が狭くなる。

せやけど、この母親も直情的にバスを止めたものの、結果は多くの乗客を延々と歩かせることになった訳で、それもどうかなと思う。旦那の出来が悪いにしても、責め方がちょっとなぁという気もするし。

という訳で、相対的に父親のほうが分が悪いとは思うけど、どっちもどっちやなというのが個人的な結論。


Trailer


2015年に観た映画
もう1月も半ばを過ぎたけど、昨年1年間に観た映画のパンフレットを整理した。2015年に観た映画は合計59本。2013年が41本、2014年が...
“>2015年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
35 フレンチアルプスで起きたこと Force Majeure/Turist Ruben Ostlund 4.0
34 オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 Locke Steve Knight 4.5
33 チャイルド44 森に消えた子供たち Child 44 Daniel Espinosa 4.0
32 ターナー、光に愛を求めて Mr. Turner Mike Leigh 3.5
31 アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生 Advanced Style Lina Plioplyte 3.0
30 マッドマックス 怒りのデス・ロード Mad Max: Fury Road George Miller 4.0
29 靴職人と魔法のミシン Cobbler Thomas McCarthy 3.0
28 スライ・ストーン Sly Stone Willem Alkema 3.0
27 ジェームス・ブラウン〜最高の魂を持つ男 Get On Up – The James Brown Story Tate Taylor 4.0
26 チャッピー Chappie Neill Blomkamp 4.5
25 イタリアは呼んでいる The Trip to Italy Michael Winterbottom 4.0
24 マジック・イン・ムーンライト Magic in the Moonlight Woody Allen 4.5
23 セッション Whiplash Damien Chazelle 4.0
22 リトル・ダンサー Billy Elliot Stephen Daldry 3.5
21 パレードへようこそ Pride Matthew Warchus 3.5
20 ディオールと私 Dior and I Frederic Tcheng 3.0
19 JIMI: 栄光への軌跡 Jimi: All Is by My Side John Ridley 4.0
18 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) Alejandro Gonzalez Inarritu 4.0
17 インド・オブ・ザ・デッド Go Goa Gone Raj Nidimoru, Krishna D.K. 3.5
16 女神は二度微笑む Kahaani Sujoy Ghosh 4.0
15 パリよ、永遠に Diplomatie Volker Schlondorff 3.0
14 博士と彼女のセオリー The Theory of Everything James Marsh 3.5
13 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 The Imitation Game Morten Tyldum 4.5
12 妻への家路 帰来 張芸謀 4.0
11 シェフ 三ツ星フードトラック始めました Chef Jon Favreau 3.5
10 フォックスキャッチャー Foxcatcher Bennett Miller 3.5
9 アメリカン・スナイパー American Sniper Clint Eastwood 4.0
8 おみおくりの作法 Still Life Uberto Pasolini 3.0
7 エクソダス 神と王 Exodus: Gods and Kings Ridley Scott 3.5
6 ドラフト・デイ Draft Day Ivan Reitman 2.5
5 今日の映画 – 特捜部Q 檻の中の女 Kvinden i buret Mikkel Norgaard 3.0
4 KANO 1931海の向こうの甲子園 KANO 馬志翔 3.5
3 ジミー、野をかける伝説 Jimmy’s Hall Ken Loach 3.5
2 シン・シティ 復讐の女神 Sin City: A Dame to Kill For Robert Rodriguez, Frank Miller 3.5
1 毛皮のヴィーナス Venus in Fur Roman Polanski 4.0
スポンサーリンク

フォローする