今日の映画 − ディオールと私(Dior and I)

ファッション企業クリスチャン・ディオールのドキュメンタリー映画。ディオールの名前は知ってはいたものの、馴染みがあるわけではないので調べてみると、1946年創業の老舗。創業者のクリスチャン・ディオールは1957年に死んでいるが、イヴ・サンローランを始めとする歴代の主任デザイナーが引き継いで現在に至る。映画は2012年にラフ・シモンズが主任デザイナーに任命されて最初のコレクションを開くまでを描く。

Dior and I

正直ファッション業界に詳しくないので、映画の前半はディオールのメゾン(店舗)を支える古参のスタッフの紹介めいた部分は少々退屈。ラフ・シモンズが着任してそれぞれの部署のキーパーソンと仕事を初めて、コレクションまでの限られた時間で真剣勝負が進んでいくにつれて次第に引き込まれていく。

ラフ・シモンズという人はキャリアをインテリア・デザイナーから始めて、ファッションでもメンズのプレタポルテを中心にやっていた人で、それがオートクチュールの総本山みたいなディオールにいきなりやってきて元からのスタッフと協調しながらも自己主張してリードしていくところはさすが。さすがに、コレクションの本番直前にはかなりナーバスになってたけど。

ラフ・シモンズが採用された経緯は映画では説明されていないが、ディオールがモエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)のグループ企業なので、LVMHのトップで人選が行われたと思われる。ディオールという老舗企業の中核ポジションに素人目にも畑違いみたいな人を選んで、結果成功するというのは日本の企業では考えられないダイナミックスだと思う。

さらに、その新任ディレクターが最初の仕事をうまくやり遂げられるかどうかリスクがあるところにカメラを持ち込んでドキュメンタリーを撮影するという大胆さには舌を巻く。失敗した時の備えは考えてたんやろうけど。
あと、メゾンで何十年も手作業で洋服を作ってきたおばちゃん達のプロフェッショナリズムにも感心する。一方で、ラフ・シモンズはプレッシャーに見合うだけの収入を得ているはずで、さらにLVMHのトップマネジメントは巨額の報酬を手にしているのに比べて、メゾンを支えているおばちゃん達の年収がどれくらいなんだろうと考えると少々切ない気もする。本人たちはプライドと生きがいを持って仕事をしているにしても。

映画の中では、ディオールのクラッシックなデザインの衣装もいろいろ出てきて、ファッション素人にもそれなりに楽しめる。


Trailer


2015年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
20 ディオールと私 Dior and I Frederic Tcheng 3.0
19 JIMI: 栄光への軌跡 Jimi: All Is by My Side John Ridley 4.0
18 バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance) Alejandro Gonzalez Inarritu 4.0
17 インド・オブ・ザ・デッド Go Goa Gone Raj Nidimoru, Krishna D.K. 3.5
16 女神は二度微笑む Kahaani Sujoy Ghosh 4.0
15 パリよ、永遠に Diplomatie Volker Schlondorff 3.0
14 博士と彼女のセオリー The Theory of Everything James Marsh 3.5
13 イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密 The Imitation Game Morten Tyldum 4.5
12 妻への家路 帰来 張芸謀 4.0
11 シェフ 三ツ星フードトラック始めました Chef Jon Favreau 3.5
10 フォックスキャッチャー Foxcatcher Bennett Miller 3.5
9 アメリカン・スナイパー American Sniper Clint Eastwood 4.0
8 おみおくりの作法 Still Life Uberto Pasolini 3.0
7 エクソダス 神と王 Exodus: Gods and Kings Ridley Scott 3.5
6 ドラフト・デイ Draft Day Ivan Reitman 2.5
5 今日の映画 – 特捜部Q 檻の中の女 Kvinden i buret Mikkel Norgaard 3.0
4 KANO 1931海の向こうの甲子園 KANO 馬志翔 3.5
3 ジミー、野をかける伝説 Jimmy’s Hall Ken Loach 3.5
2 シン・シティ 復讐の女神 Sin City: A Dame to Kill For Robert Rodriguez, Frank Miller 3.5
1 毛皮のヴィーナス Venus in Fur Roman Polanski 4.0
スポンサーリンク

フォローする