Nexus 7 (2012) のROMをCM11へアップ

Nexus 7(2013)を買ったのでサブ機になったNexus 7(2012)。 すでにroot化済みでROMはCM10.1まで上げたところでストップしたまま。

Androidも4.4.2が出てることやし、と思い立ってCM11へ(ちょっと寄り道して)アップした話。



Nexus 7(2012)、コードネーム:Grouper、用のcyanogenmodのROMとGoogle Appsをとりあえずダウンロード。

このまま焼いたらしまいやったのに、ふと「あの、clockworkmod(CWM)のメニューのちっちゃい字を見ながら操作するのん嫌やな」と思ったら気が進まない。

そこで、ROM焼きはちょっと置いといて、まずカスタムリカバリをCWMからTWRPへ入れ替えることにする。 そこで、再び、ふと「そんなら、ついでにMultiROM入れてしもた方が後々楽やのんちゃう?」という気になって中断。

ややこしいことになってきたなぁとXDAのMultiROMのスレッドをを見に行ったら、最初のページに「Via MultiROM Manager app – This is the easiest way to install everything MultiROM needs…」という記述。 なんや、アプリがあるねんやん。 さっそくGoogle Playからダウンロードしてインストール。

起動するとこんな画面。 MultiROMとRecoveryはチェックが入っているのでそのまま。Kernelが必要かどうか分からんのでとりあえず、これもチェックをいれて「Install」。

インストールが開始され、しばらくするとこんな画面になるので「Reboot」。

インストールの続きが行われ、終わったらリブート。 カウントダウンのような画面を過ぎて、見慣れたCM10.1が立ち上がる。

リカバリから再起動すると、MultiROM用に変更されたTWRPが立ち上がるので、「Install」から事前にダウンロードしておいたCM11のROMとGappsを指定して焼く。 起動するとアニメが新しいものに変わっている。

当然ながら、Androidのバージョンも4.4.2 KitKatに上がっている。

今回はMultiROMをTWRPの代替としてしか使っていないけど、追々他のイメージを試してみる予定。

スポンサーリンク

フォローする