Apple TVをJailbreak(脱獄)

先日、Airfoilを使ってWindowsからAirPlayを使えるようにしたので改めてApple TVを見なおした。

Apple TVはかなり前に買っていた第2世代のもの。あまり使わないで放置しているうちに第3世代が出て旧型になってしまっていた。

この箱でも動いているのはiOSで現在の最新版は6.1。iPhoneのJailbreakはある面ポピュラーになってるけど、Apple TVもJailbreakできるとは知らんかった。 しかも、

  • JailbreakできるApple TVは第2世代のもので、第3世代のJailbreakはまだ開発されてない。
  • Jailbreakしたあとで「XBMC」というソフトを入れると、Apple TVが別物のように機能拡張できる。

ということらしい。第2世代でよかったやん。



ということで早速脱獄してみた。

やり方は、このサイトに丁寧に書いてあるので、この通りにやっていけばOK。コマンドラインを手打ちするのが10行くらいあるので、タイプミスをせんように注意するくらい。

首尾よくJailbreakしてXBMCをインストールすると、「設定」アイコンが変わって、「XBMC」というアイコンが追加されてる。

XBMCを起動して設定で日本語に変えると、こんな画面。これを使う日本人ユーザはさほど多くないと思うけど、ちゃんと日本語対応してるのは素晴らしい。

で、これで何ができるのかというと、ざっと触っただけで、

  • DLNAサーバのメディアの再生
  • SMBサーバ(NASなど)のメディアの再生
  • 再生可能なコーデック、フォーマットの大幅拡張
  • 多彩なアドオンの利用
  • スキンなどのカスタマイズ

とにかく、メニューだけでもかなりのボリュームがあって、探検するにも時間が必要。

死蔵していたApple TVが復活しただけでなく、XBMCで機能が30倍くらいになった感じ。

スポンサーリンク

フォローする