マヌエル シュラスケリア [高輪]

高輪のバス道路沿いにあるポルトガルレストラン。以前にランチに行ったことはあるが、夜は初めて。

P_20150520_222031

店内はテーブル6つでそんなに広くない。照明はやや暗め。

P_20150520_205611

ヴィーニョ・ヴェルデ。微発泡で酸味やや強め、これからの季節に冷やして飲むのによさそうなワイン。

P_20150520_205555

パンとオリーブオイルで料理を待つ。パンは2種類、温めて出してくれる。

P_20150520_205820

干しダラを使ったバカリャウのコロッケ。衣はカリッと揚がって中身は滑らか。

P_20150520_210016

牛アキレス腱のトマト煮込み。コラーゲンが溶けこんでねっとりした食感。

P_20150520_210925

タコのサラダ。ポルトガル料理ではスペイン料理と違って、コリアンダーをハーブとして使うらしい。

P_20150520_211158

メインは、3種の肉のエスペターダ。ソースは赤い「ピリピリ」とコリアンダーを使ったブラジル風の「モーリョ・ヴェルデ」の2種。ポテト、人参、クスクスが付いてくる。

P_20150520_212253

そして、豚肉とアサリのグリル。赤身の豚肉はワインに漬け込んだような味で柔らかい。ソースはレモン風味の不思議な味。グリルというより煮込み料理の感じ。

P_20150520_214235

採捕に食後酒として、赤のポートワイン(右)とマデイラワイン(左)をいただく。どちらもワインの発酵途中でアルコールを加えて発酵を止めた酒精強化ワイン。味は似ていて干しぶどうを連想する香り。マデイラワインはさらに熱処理してあるそうで、ちょっと変わった風味がする。

P_20150520_220653_LL

スペイン料理の店は多いが、ポルトガル料理の店はあまりないので自宅から歩いて行けるこの店は貴重。店の人に話を聞くと、本店はマカオにあるとのこと。都内には渋谷、四ツ谷、丸の内にも店舗あり。


マヌエル シュラスケリア(東京都港区高輪2-3-22)

スポンサーリンク

フォローする