Le Bar a Vin 52 (ル バーラ ヴァン サンカン ドゥ) [麻布十番]

今週、麻布十番に開店したと聞いてランチに行ってみた。 Le Bar a Vin 52 は成城石井が運営するワインバーで、新業態進出の第1号店ということで話題になっているらしい。 場所は麻布十番のメイン通り沿い、1階が成城石井のスーパーになっているビルの2階。 昼過ぎで混んでいるかと思ったが、ちょうど2席空いていて、待たずに入れた。



ランチメニューは平日と土日祝とでは別で、今日は土曜日だったのでメニューはホリデーランチ1,280円とル バーラ ヴァン ランチ1,680円の2種類だけ。

ホリデーランチを選んで、オプションを指定して待つことしばらく、前菜が出てくる。うっ、生ハムのサラダを選んだのに、これどう見てもローストビーフやん。 聞くと、今日は元々生ハムの前菜がなくてローストビーフだったとのこと。 ローストビーフも悪くはなかったけど、生ハムとチーズをウリにしている店みたいなので、ちょっと残念。

続いて、成城石井のパン(カンパーニュ、バケット、名前の分からん白いパンの3種)と+200円でアップグレードしたグラス・ワイン。 これは普通。 欲を言うと、もう少しワインの量が欲しいところ。


パスタは、ボロネーゼとカルボナーラ。 他に、+200円でカラスミのパスタも選べる。これは美味しかった。 ボロネーゼは脂っぽくなく肉の味がしっかりしていたし、カルボナーラもソースがちょうど良い加減だった。


デザートは、自家製クレームブリュレとアサイージェラート。

料理もデザートも良かったけど、サービスが酷かった。

  • 生ハムの前菜がないという説明もなければ、ローストビーフになるという説明もなく、いきなり持ってくる。
  • 注文の際に、「定番のメニュー」と付属する「本日のメニューの説明」の内容が食い違っていて、質問したところ「確認してきます」と言ってそのまま音沙汰なし。 別の人が何事もなかったように注文を取りに来るので、諦めてオーダー。

まあ、開店4日目、初めての週末ということもあり、慣れていないだけで怠けていたのではないので仕方ないとは思うが、明らかに準備とトレーニング不足という感じ。

Webサイトを見ると、揃えているワインが多いし、ちょっと飲むのによさそうな料理も揃っているので、もう少し落ち着いてから夜に行ってみたい店。