和酒 月肴(げっこう) [四谷三丁目]

今月開店したばかりの店。住所は舟町やけど路を隔てた向い側は荒木町という昭和の雰囲気が残る地域。鈴木三河屋さんの9月日本酒頒布会の説明に紹介されていたので予約して初訪問。

店の外装は黒くて落ち着いた雰囲気、開店18時の少し前に到着したのでまだ暖簾が掛かっていない。

IMG_20140924_175823

カウンターへ案内されて、僕は「王禄」、味は割とあっさり目。

IMG_20140924_180431

かみさんは「大那」をいただく。お通しはおひたしと焼き茄子。

IMG_20140924_180643

酒のあてはクリームチーズとアボカドの酒盗乗せ。この妙な組合せがめちゃくちゃ旨くて日本酒に合う。

IMG_20140924_181348

そして、フルーツトマトとアスパラ、モッツァレラチーズのおひたし。

IMG_20140924_181826

日本酒の好みを伝えて店の人に選んでもらったのが、「西條鶴」。料理に合います。

IMG_20140924_182752

吟醸香が好きじゃないと言って、勧めてもらったのが「百歳」。

IMG_20140924_182936

たしかに吟醸香など一切しない。

IMG_20140924_182958

魚もいただこうということで鯛の造り。 お酒が進む。

IMG_20140924_183809

そして、さんまの肝醤油和え。これも旨い。 厚かましく作り方を聞いたところ、さんまの肝を蒸してから醤油と合わせるとのこと。

IMG_20140924_183932

店の人と日本酒の話をあれこれしていたら、いくらでも飲める酒があるというので、それを所望したのが「旭菊の大地」。メニューの説明書きには「ゆるゆるとノンストレスで飲み続けられる・・・」とある。 飲んでみると、味はしっかりしてるのに尖ったところがなくて、くいくい入っていく。

IMG_20140924_190213

天婦羅はとうもろこし。

IMG_20140924_191956

次に選んでもらったのが「はなともえ」、これは好きな酒。つい最近、同じ酒蔵の「花巴」を飲んだばかり。

IMG_20140924_192650

焼き物はカンパチのかま。

IMG_20140924_192813

お酒も進んで「日輪田 山廃」。

IMG_20140924_195956

さっぱり梅水晶で一休み。

IMG_20140924_201438

今が旬なので、秋刀魚と舞茸の肝醤油焼き。

IMG_20140924_202253

そして、骨せんべいも。

IMG_20140924_202628

今日はカウンターやったけど、テーブル席もあり。

IMG_20140924_201729

開店直後ということもあって奥にはお祝いの花。

IMG_20140924_201818

ご夫婦未満のお二人で切り回している店。 お酒は日本酒がメインになるけど、堅苦しいこと抜きに焼酎やビールも出してくれる雰囲気。そこそこ飲み過ぎたので手出しせんかったけど、日本酒ベースのサングリアがどんな味か試してみたかった。

今日は、焼き物、揚げ物、いろいろな種類の料理を食べたけど、何点かサービスでいただいたのを含めて全部おいしかった。また、それぞれの料理に合う酒を薦めてもらえるので日本酒好きにはたまらんとこやね。


追記: 2015年1月の再訪問記はこちら


和酒 月肴(新宿区舟町5-25)