クロアチア旅行計画

旅行先をクロアチアに決定

1月に次の旅行を計画した際に考えたこと。

  • ヨーロッパ方面
  • 時期はヨーロッパの旅行シーズンでホテルの値段が上がる前の4月
  • まだ行ったことのない国
  • 航空券は予算の都合でエコノミー、スターアライアンス加盟会社で行けるところ
  • 旅行期間は2週間

候補の絞り込み

  • 北~中央ヨーロッパは4月だとまだ寒そうなので除外
  • 南ヨーロッパは、ポルトガル、スペイン、マルタ、イタリアは行ったことがあるので、今回は除外。
  • ギリシャ、ブルガリア、旧ユーゴスラビア諸国は未訪問なので候補。
  • ギリシャとブルガリアは短期の旅行でも回れそうなこと。クロアチアはアドリア海沿岸地域は日本の同時期の気候とあまり変わらないようで、しかも国土が細長くて2週間くらいの日数が必要ということでクロアチアに行くことにした。

エアラインと移動ルート

昨年のマルタ旅行で初めて乗ったターキッシュエアラインズが良かったので、イスタンブール経由で検討。

一番安く上げるには、東京~イスタンブール~ザグレブを往復するルートだが、これだとクロアチアの海岸線に沿って南下した後、ドブロブニクからザグレブへ国内線で戻らなければならない。ルートをオープンジョーにすると航空券はやや高くなるが、国内線の航空券を追加で買うのと変わらない。ザグレブまで戻るための時間も節約できるので入りと出を別にすることにした。

そういう訳で、当初考えたのはザグレブに入り、リエカからアドリア海沿いの各都市を訪問してドブロブニクから帰ってくるルート。だが、このルートだとリエカの西側のイストゥラ半島にあるロビニ、プーラといった諸都市へのアクセスが良くない。

今回の旅行では、海岸地域の町に専念することにすれば、首都といえどもザグレブに執着する必要もないと割り切って、隣国スロベニアの首都リュブリャナに入り、そこから海岸部へ出てイストゥラ半島を廻ってくるルートに変更した。幸い、イスタンブールからの行き先をザグレブからリュブリャナに変更しても航空運賃は変わらない。

細かなところは後から決めるとして、

  •   往路 2018/04/15 成田発 2018/04/16 リュブリャナ空港着
  •   復路 2018/04/29 DUBROVNIK発 2018/04/30 成田着

で航空券を予約。購入価格は、航空券、国内空港使用料、その他諸税等込みで一人101,490円。

Google マップ と 6 ページ ‎- Microsoft Edge 2018-04-02 11.51.27

国内移動の方法

リュブリャナからスロベニアの臨海都市コトルまでは鉄道で移動可能。ただ、調べてみると本数が少なく、時間も掛かるみたいでバス移動の方が確実らしい。

海岸に出てからは小刻みに都市を渡り歩いていくので交通手段はバス一択。

バスの路線、料金の確認と予約に使ったサイトは、次の2つ。

訪問都市と宿泊日数の計画

クロアチアの旅行ガイドブックはいくつかあるのでそれらを参考に訪問する都市を選んで作成したのが下の旅程表。

毎日宿泊場所が変わるのは疲れるので、ザダール、スプリト、ドブロブニクでは連泊して周辺の観光地回りの拠点にする。それでも、ほぼ毎日バスに乗っていることになる。

観光場所のうち(*)が付いたのは世界遺産、モスタールはボスニア・ヘルツェゴビナの町で、コルトはモンテネグロの町、残りはクロアチア国内の世界遺産。この旅行で4カ国、8つの世界遺産を訪れることになる。

復路のイスタンブール乗り継ぎ時間が長いので、半日のイスタンブール市内観光を組んだのはおまけ。これはターキッシュエアラインズの無料市内ツアーを利用する予定。

日付 曜日 移動 観光 宿泊地
4/15 成田発 機内泊
4/16 イスタンブールで乗換、リュブリャナ着 リュブリャナ市内 リュブリャナ
4/17 ロビニへ移動(約4.5時間) ロビニ市内 ロビニ
4/18 ポレック往復、プーラへ移動 ポレック日(*)帰り プーラ
4/19 リエカへ移動 プーラ市内 リエカ
4/20 ザダールへ移動 リエカ市内 ザダール
4/21 ニン往復 ニン日帰り ザダール
4/22 スプリトへ移動 ザダール市内 スプリト
4/23 シベニク、トロギル巡回 シベニク(*)、トロギル(*)日帰り スプリト
4/24 フヴァル往復 フヴァル島(*)日帰り、スプリト市内(*) スプリト
4/25 モスタールへ移動 モスタール(*)市内 モスタール
4/26 ドブロブニクへ移動 ドブロブニク(*)市内 ドブロブニク
4/27  コトル往復 コトル(*)、ブドヴァ市内 ドブロブニク
4/28 ドブロブニク市内 ドブロブニク
4/29 イスタンブールへ移動 イスタンブール市内 機内泊
4/30 イスタンブール発、成田着

訪問先を地図にプロットしたのが下図。黄色いピンが宿泊する町(8ヶ所)、緑のピンが宿泊しない訪問先(7ヶ所)。
Microsoft Edge 2018-04-02 14.16.29

この旅程表にしたがって、宿泊場所の予約を行った。バスの予約は都市間の移動分をまず押さえ、日帰りの短距離路線は現地で手配することにした。

コトル、ブドヴァへの日帰りツアー

ドブロブニクから隣国モンテネグロのコトルへの日帰り訪問は路線バスでの往復を考えていたが、調べてみるとバスのダイヤが良くなく、思った以上に移動時間が掛かることが判明。国境を越えるのでパスポートチェックも必要。

そこで、日帰りのツアーを調べてみると一人50ユーロ前後でコトルとブドヴァに行くツアーが数社から出ていた。いくつかを比較して、この会社が旅程や運行日を明示していたのでオンラインで申し込んだ。49.85ユーロ/人はバスで行くより倍くらい高いが帰りのバスを心配しなくてもよいし、コトルのおまけにブドヴァに行けるので良さそう。

2週間後に出発なので、後日公開予定の旅行記をご期待下さい。

スポンサーリンク

フォローする