クロアチア旅行(Day 6)ニン日帰り

Day 6の内容

  • ニン日帰り
  • ザダル市内観光(#2)

ニン日帰り

ニンへバスで行く

今日はザダルから約20km、バスで30分程度のところにあるニン(Nin)へ日帰りで行く予定。昨日のうちにザダルのバスステーションでチケットの販売場所と時刻表を確認しておいた。

ロビニのような小さなバスステーションではチケットを売るオフィスが一つで複数のバス会社を扱っていたが、ザダルはチケットを売っていそうなところが見たところ3つあった。適当なところに行ってNinへのチケットを買いたいというと一番奥のオフィスへ行けという。

DSC_6154

扉を開けて入ると、薄暗くて不必要に広い部屋の奥に窓口があり、ここで時刻表の確認ができた。チケットは当日、ここで購入。

DSC_6153

昨夜のうちに朝食を調達していなかったので近くで済ませる。選択肢は、ローカルのパン屋かマクドナルドだったので、MacCafeでマフィンとカプチーノ。ファストフードの店でも英語で全く問題なし。

DSC_6157

ニンへ行くバス。

DSC_6163

ローカル線なのでコンパクトだがまだ新しいバス。乗客は地元の人たちで観光客らしいのはわれわれだけ。

DSC_6164

今日も雲一つない快晴。

DSC_6178

ニンに到着する直前にバスから見えた野原にポツンと建つ建物。石造りの小さな要塞のように見えるが、聖ニコラス教会。Wikipediaによると、12世紀初期に建てられた教会で、タルマチア地方で唯一現存する初期ロマネスク建築の建物とのこと。クロアチア王の戴冠が行われる由緒ある教会だったようだ。

P_20180421_130151

ニン到着

ニンに到着。ここはバスステーションではなく、簡単な雨よけがあるだけのバス停。

DSC_6418

ザダル行きの帰りのバスの時刻表。本数は多いがアンダーライン付きの便は平日のみの運行。この日は土曜日だったので、13:00の便でザダルへ戻ることにする。これを逃すと次は15:40までないので要注意。

DSC_6179

バス停からニンの旧市街入口までは歩いて300mくらい。途中にレストランやカフェがいくつかある。

DSC_6181

ニンは内海に浮かぶ直径500m程度の小島。2つの石造りの橋で陸地と繋がっている。バス停から近い側の橋の傍らには9世紀のクロアチア公、ブラニミル公の銅像があった。いまでは片田舎の町にすぎないが、当時ニンはクロアチア公を輩出する政治の中心地であると同時に、ビザンチンの影響のもと、クロアチアで最初に司教座が置かれたという東方正教の中心地でもあったところ。

DSC_6390

島へと続く橋を渡ってみると、途中から工事中になっている。上を歩いていると分からなかったが、渡り終えて横から見ると橋の半分は大きく破損し、壊れた部分に仮の橋が掛けられていた。この被害は2017年9月の洪水によるもので、橋以外にも建物や周囲の塩田が被害を受けたという。

DSC_6310

橋を渡ったところにある市街へと続くゲート。

DSC_6195

こじんまりとした街。観光客と出会うこともなく、のんびりと街をめぐる。

DSC_6201

ニンの教会巡り

街の中心に建つ聖アンセルモ教会。歴史は古いが18世紀に建て替えられているので建物自体は比較的新しい。

DSC_6204

教会の横にはグルグール司教の銅像がある。同じ銅像でさらに大きなものはスプリトにもある。

クロアチアと隣国セルビアはどちらも同じスラブ民族でほぼ同じ言葉を使っているのに、宗教はカトリックとセルビア正教、文字はアルファベット(ローマ文字)とキリル文字と異なっている。その起源は10世紀にあって、元々クロアチアもビザンチン系の東方正教でキリル文字を使っていたが、先ほどの橋のたもとの銅像ブラニミル公の後継者で初代クロアチア王のトミスラヴがビザンチンからの独立を狙ってダルマチアの教区ごとローマ教会へ鞍替えしてしまったことによる。それによって、トミスラヴはローマ教皇の庇護のもとクロアチア王に即位し、それまでの司教グルグールを左遷して追いやったという歴史。なので、グルグール司教は負け組なのだが、その後の民族運動のなかでスラブ民族の英雄として復権したのが銅像が建てられている背景。

DSC_6219

聖アンセルモ教会よりも小さいが、ニンの教会として知名度はより高い聖十字教会。大きさからすると小さな礼拝堂だが、司教が座る椅子が設けられていれば「聖堂」扱いになるそうで、世界で一番小さい聖堂と言われている。

DSC_6223

こちらは正面から見たところ。ビザンチン様式の教会で、上から見ると縦横同じ長さのギリシャ十字型。

DSC_6226

中に入ってみると、今では教会として使われておらずがらんとしていた。正面には3つの後陣があり、それぞれに明り取りのスリットがある。ちょうど燕の巣作りの時期で、何羽かが下見に来たのか出入りしていた。

DSC_6228

ニン街歩き

小さな街だが、味のある建物が多い。

DSC_6277

一人通れるかどうかの狭い通路。

DSC_6280

島の西側(塩田と反対側)には小さな船着き場があった。ここは内海のさらに内側にあるので波がほとんど無い。昨年に洪水があったことが信じられない静けさ。

DSC_6268

船着き場から対岸を見たところ、海水の透明度が高い。

DSC_6262

名前が分からないが船着き場の近くの木に咲いていた花。

DSC_6273

博物館

街中にあった「Museum of Nin archaeological foundings」というNinで出土したものを展示している博物館に入ってみる。

DSC_6303

木造の船。修復中の物もあったが、触れるような近さでの展示。

DSC_6295

動物もん。レプリカがあったら欲しい。

DSC_6297

塩の博物館 & 塩田見学

島の外、東側にある塩の博物館へ行くために、島に繋がる第2の橋へと向かう。前方に見えるアーチは橋から街への入口。しかし、補修中の様子。

DSC_6238

注意しながらアーチを潜り抜けると橋は壊れていて通れない。去年の洪水でやられたようだ。

DSC_6242

塩の博物館は目の前にあるのに、橋が渡れないので大きく迂回しなければならない。最初に渡ってきた補修中の石の橋の近くの仮設の橋まで戻り、ここから城壁の外側の道を行く。

DSC_6318

ニンは有名な塩の産地。島の東側には塩田が広がっている。

DSC_6317

島を左、塩田を右に見ながら歩く。

DSC_6321

さっき渡れなかった壊れた橋。

DSC_6326

塩の博物館に到着。思ったより遠かった。

DSC_6337

門を入ってすぐのところにオフィスとショップがある。ちょうど工事をやっているところだったが普通に営業中。

DSC_6365

土曜日で工場は動いていない。ショップの人に塩田を見たいと伝えたところ、塩を作っているのは夏の間だけで今の季節は休業中とのこと。せっかく来たので休みの塩田でも見せてもらおうと許可をもらって建物の裏側へ回る。

DSC_6339

コンクリートの広い空き地の隅に塩の山を発見。

DSC_6348

工場の後背地に広がる塩田は、水が張られておらず乾いていた。

DSC_6354

ショップで特産の塩を買って来た道を戻る。この季節なので歩いて往復できたが、真夏だったらしんどかったと思う。

DSC_6377

島の西側は船着き場になっていて昔あったであろう城壁は取り払われていた。一方東側は低い石垣で囲われていて旧市街とその外側を埋め立てて造った道路とを隔てている。所々に残る高い壁の名残がかつての城壁の高さを偲ばせる。

DSC_6382

ランチ@Burela

最初の橋の脇にあるレストラン「Burela」でランチにする。

DSC_6405

カルロバチコ。

DSC_6395

シーフードのパスタ。

DSC_6396

野菜のリゾット。

DSC_6397

予定通りバスでザダルへ戻る。

DSC_6420

ザダル市内観光(#2)

ザダルのスーパーマーケット

バスステーションに隣接しているSPARへ行ってみた。とりあえず見るだけ。

DSC_6423

フルーツも特に変わったものはない。

DSC_6424

お菓子売り場。チョコレートの種類が多い。

DSC_6425

パンとチーズ。

DSC_6427

再び旧市街へ

昨日と同じルートで旧市街の入口へやってきた。

DSC_6440

Stratico通りを北に向かって歩く。この通りは上りのスロープになっていて、街の東側の城壁の上へと続いていく道。

DSC_6442

この道沿いにあるガラス博物館(Museum of Ancient Glass)。

DSC_6448

城壁の上からは東側の湾とそれに掛かる橋がよく見える。

DSC_6450

この城壁には3つの門が残っていて、これは一番南側にある門。

DSC_6453

門の北側に広場がある。ここはマーケットとして使われているが今日はすでに営業終了。

DSC_6461

マーケットのある広場に2つ目の門がある。小さな門だが壁の厚みがあるので細長い。

DSC_6462

レストランMalo Mistoでディナー

広場の反対側にある小さなレストラン。

DSC_6469

店の正面は広場側へ開けているが左右の道は細い路地。

DSC_6470

開店直後で他の客はいない。テラス席ではなく室内に席をとる。

DSC_6471

席数は多くないが落ち着いた雰囲気。

DSC_6479

奥には小さなバーがある。

DSC_6484

ムール貝のワイン蒸し。日本で食べて美味しかったことがないが、ここのは旨い。

DSC_6473

定番のタコのサラダ、店によって作り方が違う。ここのタコはぶつ切りでなく皮をむいたもの。チーズが入っている。

DSC_6480

イカ墨のリゾット。

DSC_6482

食後にエスプレッソを頼んだら、食後酒が付いてきた。グラッパベースの甘い果実酒。

DSC_6485

夜の散歩

店を出たら夜は更けていた。

DSC_6487

半島の先端の方へぶらぶら散歩する。

DSC_6489

3つ目の門を外側から見たところ。

DSC_6509

半島の突端から見た日没直後の海。

DSC_6522

ここには直径22mの円盤状のモニュメントがある。シーオルガンを作った建築家二コラ・バシッチの手によるもので、昼間のうちに太陽電池で発電した電力で日没後にカラフルに発光する。

DSC_6535

観光スポットではあるが、地元の人の憩いの場にもなっている様子。

DSC_6531

アパートへと戻る途中、旧市街から出たところで夜のマラソンに遭遇した。

DSC_6555

最後尾を走る子供とその保護者。

DSC_6557

アパートへ戻るとオーナーのおばさんがケーキを持ってきてくれた。今日がご主人の誕生日だったので、そのおすそ分け。このおばさん、英語教育を受けていない世代で、おそらく初めて間もないアパート経営を一生懸命やっているのが伝わってくる。今まで泊まったアパートはホテルを意識してビジネスライクにしている感じのところが多かったが、このアパートはオーナが見えてホスピタリティを感じる。

P_20180421_212508_vHDR_Auto

スポンサーリンク

フォローする