クロアチア旅行(Day 2)リュブリャナ~ロビニ

Day 2の内容

  • リュブリャナ~ロビニ、バス移動
  • ロビニ市内観光(#1)

リュブリャナからロビニへ

バスのチケットは日本で予約済。昨日空港からのバスが到着したリュブリャナ駅前のバスターミナルを7:10に出発し、ロビニへの到着予定時刻は11:40。宿泊していたホテルには朝食が含まれていたが、チェックアウトが早いので断念。代わりに、バスターミナルへ行く途中にある昨夜のうちに見つけておいたパン屋でパンと水を調達した。

DSC_4297

早朝のバスターミナル

夜のうちに降った雨は上がっているが、空は曇。長距離バスだけでなく通常の路線バスも停まるので、出勤する人たちもバスを待っている。

P_20180417_062840

バスターミナルの建物の中。チケット売り場、売店、ATMマシンの他に待合用の椅子が並んだコーナあり。トイレは建物の外の階段を降りた地下にあるが有料。チケット売り場で50セントを払ってトークンを買えば入れる仕組み。

P_20180417_064230

長距離バスの出発状況はモニタに表示される。7:10出発のバスなので正しいバスの見分けは付くだろうと高を括っていたが、モニターには5本の7:10発のバスがあり、いずれにも目的地ロビニ(Rovinj)の文字が無い。これではどれに乗れば良いのか分からないのでチケット売り場で購入済のeチケットの控えを見せてプラットフォーム番号を尋ねると#5と言われた。だが、#5に来るバスの行き先「Padova」はイタリアのベネチアの少し先にある町で方向がぜんぜん違う。本当に$5かと聞いてもそうだというだけなので引き下がるが、かなり不安。バスの運転手に確認するしかない。

P_20180417_065236

#5プラットフォームにバス到着。行き先表示を見るとクロアチアの首都ザグレブから2時間掛けてリュブリャナに来て、トリエステなどを経由してPadovaへ行くバスのようだ。運転手にeチケットの控えを見せてロビニへ行くかと聞いたら行くという。どうやらこのバスで間違いないようだ。しかに、イマイチ腑に落ちない。

P_20180417_070409

大きな荷物が2つあるのでトランクへ入れる。この後バス旅行を続けて分かったのは、トランクへ荷物を預けるのが無料のバス会社と有料のバス会社があること。今回は無料だったが、クロアチア国内移動で主に使ったバス会社は有料で、1個あたり6~10クーナ(105~180円)くらいの料金が掛かった。

P_20180417_070537

リュブリャナ駅

バスを待っている時間があったので、隣にある鉄道の駅を見に行った。

P_20180417_070207

正面入り口を入ったところのホール。床には街のシンボルのドラゴンがデザインされていた。

DSC_4311

ホールを抜けて奥へと進むとプラットフォームに出る。日本と違って改札がない。停車中の電車の車体にはしっかりと落書きが。右側の電車はちょうど駅へと入ってきたところ。その後、続々と通勤者風の人たちが降りてきたので近郊の住宅地からの通勤電車かもしれない。ちなみにプラットフォームの端にはトイレが有り、無料で使える。

P_20180417_063719

バスの旅

我々が乗ったバスは早朝ということもあって貸し切り状態。

P_20180417_075139

バスは町から出て、田園地域をひた走る。

P_20180417_073042

今の状況を図解すると次のようになる。移動中のバスは地図の右端のクロアチアのザグレブからスロベニアのリュブリャナへやってきて、ここで乗り込んだ。現在バスは海岸の町トリエステへと向かっているがトリエステはイタリアの町なので国境を越える。

その後、バスの行き先表示ではイタリア国内をメストレ(ベネチアの陸側の町)を経由してパドバへ至るオレンジ色のルートを示しているが、これでは困る。我々の目的地は中央下にあるクロアチアのロビニなので、トリエスタから国境を越えてスロベニアに戻り、さらに国境を越えてクロアチアへ行ってもらわねばならない。運転手は行くと行っているが、さてどうなることやら。

Google マップ - Google Chrome 2018-05-03 23.14.32

スロベニア~イタリア国境通過

スロベニア、イタリア共にEU加盟国でシェンゲン協定を締結しているので基本、国境はフリーパス。ゲートのようなものもないが、バスは一旦停止して警官がバスの中に入ってきて一通り眺めて帰っていった。パスポートのチェックはなし。

写真に写っているのはイタリアの軍の車両とパトカー。 P_20180417_081311

トリエステ市内

イタリアにもトリエステにも訪問予定はなかったが、バスが通るので即席市内観光。内陸国のオーストリア帝国が支配して海への出口として使ったという歴史のある町。そう言われてみると、イタリアの海岸部の都市の陽気さではなく、どっしりとしてちょっと暗い中央ヨーロッパの雰囲気がする。天気が曇のせいかもしれないが。

P_20180417_084755

バスの中からの観光と写真撮影だったが、イタリア統一広場の横を通ったので写真を一枚。

P_20180417_084950

イタリア~スロベニア国境通過

イタリアに入国してから時間にして約30分、走行距離も30km足らずで再び国境を越えてスロベニアに戻る。今度は停車することもなく知らないうちに国境通過していた。

コペル郊外で休憩

スロベニアがアドリア海に持つ海岸線は直線で25km程度。コペルはそこにある港湾都市であるが、バスはコペル市内へは入らず、郊外にあるショッピングモールで休憩

P_20180417_091000

ここでおどろいたことに、いつの間にかバスの行き先表示が変えられていた。出発点がトリエステになっていて最終目的地もザグレブになっている。パドバ行きだと思って乗った人は、さっきのトリエステで乗り換えなければならなかったということか? とりあえずロビニへ行くことが再確認できたので良しとしよう。

DSC_4333

スロベニア~クロアチア国境通過

走り出してすぐにクロアチアとの国境に到達。クロアチアもEUに加盟しているがシェンゲン協定を締結していないので、パスポートチェックがあった。係員がバスに乗り込んでID/パスポートを集めて持っていき、後で返される方式。

P_20180417_113431

ロビニへ到着

国境通過後、バスはポレチという町に立ち寄ってからロビニに到着。バスステーションへ入る直前にあったカフェでエスプレッソのカップを前にタバコを吸う人。クロアチアはイタリアとは民族も文化も異なるが、地理的に近いので影響を受けている。それが普段の生活の一部として溶け込んでいるように感じられる。

P_20180417_115228

予定ではロビニに一泊し、明日次の町プーラへ行く前に先ほど通過してきたポレチに戻って半日過ごす予定。ポレチ往復のバスのチケットは日本から買えなかったので時刻表の確認とチケットの購入のためにチケット売り場へ行く。バスの時刻は確認できたが短距離のチケットは当日販売のみとのこと。

P_20180417_115540

ロビニの主要スポットの位置関係は下の通り。旧市街は海へ突き出た卵型の半島の中。形から想像できるように、ここは元々島だったところ。市街が広がって島から溢れて陸地に広がったので、その間を埋め立てて陸続きにしたという歴史がある。その島の入り口だったところにあるのがバルビ門。島の中央の丘の上に建てられたのが聖エウフェミャ教会。

Rovinj Bus Station から Residence Porta Antica - Google マップ - Google Chrome 2018-05-04 14.30.55

旧市街の中には大きなホテルはないので、今夜泊まるために予約したのは旅行者向けのアパート。バスステーションは旧市街の外にあるがアパートまでの距離は歩いて5分程度と遠くない。急ぐこともないのでバスステーションから海の方へ出て、海岸沿いに旧市街へと向かった。海岸沿いの道をマリーナのの方へと折れると目の前に旧市街の景色が広がる。

P_20180417_120728

Resdence Porta Antica – ロビニのアパート

ロビニで泊まったアパート(Resdence Porta Antica)は写真の真ん中の建物。1階は同名のレストランとなっている。

DSC_4532

今回の旅行ではいくつものアパートを利用したが、アパートといっても部屋があるだけで鍵を受け取って使うところもあれば、フロントがあってスタッフが居るところもある。このアパートはフロントがあるが、スタッフは夜は不在、午後にも2時間ほど昼休みがあるので、事前に到着時刻を知らせておく必要あり。フロントは建物の左側路地を入ったところ。

P_20180417_184858

部屋は2階で、Studio式のワンルーム。広くはないが、日本のビジネスホテルよりは快適。

P_20180417_122330

小さなキッチン付き。窓の下に付いているのは暖房器具。大理石の板を電気で温めて熱を輻射させる仕組み、同じものが洗面所にもあった。幸いこれを使わずに済んだが、石造りの家の冬は冷え込むのかも知れない。

P_20180417_122404

ロビニ観光

La Puntulinaでランチ

ちょうど昼時だったのでアパートから半島の先の方へ行ったところにあるレストランで食事。まだオフ・シーズンだったので予約無しで入れた。

DSC_4369

ワインを頼むとおつまみが付いてきた。旅行中はどこでも地元のワインをグラスで注文していたが一杯あたり200円~500円程度、いずれもおいしい。

P_20180417_133421

食べたのは、トマトソースとシーフードの手打ちパスタ。

DSC_4364

そして、ラビオリのトリュフ掛け。ロビニが位置するイストラ半島はトリュフの産地で、今はシーズンではないがトリュフを使った料理がウリの地域。昨日リュブリャナで食べたトリュフソースのステーキと比べて、この一皿の香りは別物のように鮮やか。

DSC_4361

この店の料理はいずれもおいしかった。価格はやや高めだが、ランチだと気軽に利用できると思う。

聖エウフェミヤ教会

元は小島だったロビニの旧市街は中心が小高い丘になっている。海岸から丘の上に向かって道を上っていくと教会のファサードと鐘楼が見えてきた。

P_20180417_141612

教会の名になっているエウフェミャという女性は3世紀から4世紀にかけて今のトルコにいた人で、当時はローマ帝国がキリスト教を禁止していた時代だったので迫害され、拷問の末円形競技場でライオンに噛み殺されて殉教したという聖者。ライオンに殺されるだけで聖者になれる訳ではなくて、噛み殺したライオンがその後うろたえてエウフェミャを食べなかったので聖者となったらしい。たまたまライオンがお腹いっぱいだったのかもしれないが。

そのトルコ生まれでトルコに埋葬されていた聖者エウフェミャの遺体が何らかの都合で移される途中に船がロビニ沖で難破して、船から移された棺がこの教会に安置されているので教会の名前も今のようになったということ。

バロック建築の教会の外観はシンプル。脇に立つ鐘楼はベネチアのサンマルコ広場に立つ鐘楼を模したもの。

DSC_4391

教会の中に入ってみると、石造りの柱が並ぶかっしりとした造り。意外に壁や天井の装飾がすくなく質素な感じ。石棺が正面と左の奥にあったと記憶、だがどちらがエウフェミャの棺か確認しなかった。有料で鐘楼にも登ることができたが元気がなくて割愛。

DSC_4400

旧市街街歩き

旧市街の教会から東側は細い道が迷路のように入り組んでいる。500年以上に渡ってベネチア共和国の領土として支配下にあったのでその影響を色濃く残している。

DSC_4432

写真だけ見ればイタリアの街という風景。道路標識の文字はクロアチア語とイタリア語が併記されていた。

DSC_4466

バルビ門へ行ってみたところ、残念ながら補修工事中で見ることができず。この覆いの下に石造りのアーチとベネチアの羽根付きライオンのレリーフがあるはず・・・

DSC_4929

バルビ門から旧市街へと入ったところにある井戸のある小広場。

DSC_4541

バルビ門の外側にあるチトー広場。

DSC_4536

旧市街の外からのビューポイント

旧市街北側の突堤から見た景色。アパートの人にここからの景色がベスト・アングルだと教えてもらっていたところ。天気が今ひとつで曇っていたのが残念。

DSC_4446

朝に来たときと同じ南東側のハーバーからの風景。午後には空も晴れて光の具合も良い感じ。

DSC_4507

同じく南東側から見た夕方の景色。

DSC_4572

Balbi Restaurantでディナー

バルビ門から旧市街へと入った先にあるその名もBalbi Restaurant。評判が良いようなので行ってみた。ロビニのどこのレストランでも客の入りはまばら、来月からのハイシーズンに備えて準備万端だが客が来なくて手持ち無沙汰という感じ。このレストランも先客は二組くらいで予約不要。しかし人気はあるようで、夜が更けると客は増えてきていた。

P_20180417_185419

旅行中、レストラン、パン屋、いろいろなところのパンを食べたが全般的においしい。ワインもいうことなし。

DSC_4578

普通のグリーンサラダ。トマトの味が濃い。

P_20180417_195839

イカ、エビ、小魚のフリッター。衣が薄くて、カラッと揚げられていて、今まで食べたフリッターの中でこれが最高。もう一度食べたい。

P_20180417_195848

スカンピ(手長エビ)のリゾット+トリュフ。トリュフのリゾットを食べたかったがメニューになし。ウエイトレスにダメ元でトリュフのリゾットができないか聞いてみるとキッチンに相談に行ってくれた。スカンピのリゾットにトリュフのパウダーを掛けることはできるということだったので頼んだのがこれ。うまい。

P_20180417_195822

レストランのテラス席は夜でも暖房が要らないくらいの気候で快適。店の前の小さな広場もいい感じ。

DSC_4591

スポンサーリンク

フォローする