ベランダ植物観察記録2017(1)

1週間前は夜は寒かったくらいなのに、急に春を飛ばして夏になるんじゃないかというくらい暖かくなってきたので室内に退避させていた鉢植えをベランダへ移動させた。

トマト

今年は種から育てなかったので、近所のホームセンターで2株購入。左はサカタ交配のミニトマト「イエローアイコ」、真ん中はKAGOMEのミニトマト「β-カロテントマト」、右は昨秋挿し芽したら越冬した中玉のトマト。3つ育てば黄色、オレンジ、赤の3色のトマトが収穫できるはず。

トマトの鉢植え

あと、こぼれ種から品種不明のトマトらしきものが勝手に発芽したので、これもポットに植えておく。

発芽したばかりのトマトの苗

グアバ

昨年にキューバから持ち帰った種を蒔いたら発芽したグアバ。20cmくらいになった時に寒くなってきたので室内に取り込んだが冬には葉が全部落ちてしまった。枯れてしまったかと思ったが、忘れた頃に水を遣って乾燥しないようにしていたら春になって復活、芽が出てきた。

パッションフルーツの鉢植え

コブミカン、仏頭果

左の鉢はタイのコブミカン。苗で買って2年目の越冬。冬の間頑張っていたのにこの1ヶ月で残っていた葉が全部落ちてしまった。復活するかどうか分からないが、しばらく様子見。

右の仏頭果は種から育てた台湾由来のもの。越冬は2回目。最初の冬は危うく枯らしてしまうところだったので、昨年は早めに室内へ移動。葉の数は減って色も悪くなったがなんとか無事そう。

コブミカンと仏頭果鉢植え

マナオ、ブラッド・オレンジ

左のマナオは通販で買った実から取った種を蒔いたもの。室内へ取り入れても7割方葉が落ちてしまった。ミカン系はハダニが付いたりして難しい。たぶん回復するのではと期待。

右のブラッド・オレンジも種から育てたもの。これは寒さに強く、屋外で越冬して既に新しい葉が出始めるくらい生命力旺盛。そろそろ大きな鉢に植え替えたほうがよさそう。

P_20170418_114823_vHDR_On

月桂樹、月橘(シルクジャスミン)、アボカド

左の月桂樹は屋外越冬組。新しい葉が出てきているので問題無さそう。

真ん中の月橘は3回目の越冬。寒さに弱いので室内に取り込んでいるが、冬になるたびに弱って枝の先のほうが枯れてしまう。葉も色艶が悪くなってしまったので切り詰めて新芽に期待する予定。

右端はアボカド。昨年はもう良いかなと屋外へ出したら急に寒さがぶり返して枯れてしまった。今年は暖かくなったのを確認してからベランダへ移動。

月桂樹、月橘、アボカド鉢植え

まだ紹介していないのもあるけど、残りは次回ということで・・・

スポンサーリンク

フォローする