今日の映画 – 彼が愛したケーキ職人(The Cakemaker)

The Cakemaker

映画レビュー

めずらしいイスラエル映画。主要登場人物は、ベルリンのケーキ職人トーマス、エルサレムから仕事でベルリンに来ていてトーマスとゲイ友達になるオーレン。オーレンの妻でエルサレムでカフェを営むアナトの3人。オーレンは結婚していながら出張先で浮気していた訳やけど、そのオーレンが事故で突然死んでしまうことから話がややこしくなる。イスラエル人と過去にユダヤ人を大量虐殺したドイツ人を登場人物に設定するのだからややこしくならざるを得ないが・・・

オーレンと連絡が取れなくなったトーマスは結構粘着質でエルサレムまでやってきてオーレンの死を知るところまではまあええとして、その後もエルサレムに留まってアナトの店に就職しようとするのはどうしたものか。結局オーレンとの関係を隠したままアナトの店で働き始めることになるが、元々腕の良いケーキ職人だったのでその腕を見込んだアナトに頼りにされるようになる。

ここで面白いのはイスラエルというかユダヤの習慣。「コーシャ」というユダヤ教徒が食べても良い食品の決まりがあるのは知ってはいたが、映画とはいえ現実にその場面を見たのは初めて。オーガニックなんかと同じようにコーシャ認定の制度があったり、厨房で肉と野菜を完全に分離して扱ったり、ドイツ人のトーマスが作るというのも微妙そうだったり、目新しくて興味深い。トーマスの作るケーキが評判になってカフェが繁盛すると、アナトは商売優先で現実的に儲けようとするが、厳格なユダヤ教徒であるアナトの兄と対立したりする。

そうこうしているうちにトーマスとアナトの距離が接近するが、結局トーマスとオーレンの関係がバレてトーマスは放り出される。アナトがトーマスに迫るのはごく普通の成り行きだが、トーマスはなぜ拒絶しなかったのかよく分からない。アナトがベルリンへ戻ったトーマスの店へ行くところで映画は終わるが、この2人はうまく行くのだろうか?

俳優は知らない人ばかり。オーレンがかっこいい中年のおっさんなのに対して、トーマスはややもっさりした感じ。アナトは美人ではないが、役柄には合っている。この映画はイスラエルでヒットして賞まで貰っていいるらしいが、そもそもユダヤ教は同性愛を認めてなかったのんちゃう? ユダヤ教、よう分からん。

予告編

2018年に観た映画

2018年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする