今日の映画 – 俺たちポップスター(Popstar: Never Stop Never Stopping)

俺たちポップスターのポスター

映画レビュー

アンディ・サムバーグ、アキヴァ・シェイファー 、ヨーマ・タッコンの3人から成る「ザ・ロンリー・アイランド」というコメディグループが主演の映画。この3人はアメリカの人気コメディバラエティ番組「サタデー・ナイト・ライブ」のレギュラーをやっていて、ヒップホップのアルバムを3枚出しているという芸達者たち。

ストーリーは「スタイル・ボーイズ」という架空のヒップホップバンドが仲間割れで解散し、ボーカルのコナーが(アンディ・サムバーグ)ソロデビュー。その後のドキュメンタリー映画として撮ったという作り。

自信家で自己中のコナーが成功でさらに傍若無人となっていくが微妙なところで外しているのをコメディタッチで描いていく。その後は、お決まりの凋落が待っていて、元メンバーとの和解となる。

主演の3人は、脚本と製作を手掛け、アキヴァ・シェイファー 、ヨーマ・タッコンが共同監督というように自分達の作りたい映画を作って主演したという感じ。下ネタもあるし、ビン・ラディンの曲とか危なそうなのが満載。

しかし、それだけだと自己満足的な映画で終わってしまったかもしれないが、この映画を際立たせているのは、クレジットの有無、有名無名に関わらず、やたら多いカメオ出演者。ドキュメンタリー風の作りなので、彼らが「スタイル・ボーイズ」を実在のバンドのようにコメントしたりするので妙な現実感がある。

クレジットされているところでは、50 Cent(ミュージシャン)、リンゴ・スター(ミュージシャン)、サイモン・コーウェル(プロデューサー)、アダム・レヴィーン(シンガー)、エイコン(シンガー)、マライア・キャリー(シンガー)など。それに加えて、クレジットサれていないカメオ出演者がなんと70人以上。有名どころでは、ジャスティン・ティンバーレイク(ミュージシャン)、エマ・ストーン(俳優)がいるが、大半は知らない人たちであるが、すごい人数。これも「サタデー・ナイト・ライブ」での人脈によるものだろうか?

予告編

2017年に観た映画

2017年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする