今日の映画 – パピヨン(Papillon)

Papillon

映画レビュー

1973年にスティーブ・マックイーンとダスティン・ホフマンの主演で公開された映画のリメイク。パピヨンとドガのコンビをこの映画ではチャーリー・ハナムとラミ・マレックが演じている。製作は2017年なので、配給会社が日本では売れないと判断してお蔵入りになっていたのを、「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットでラミ・マレック出演の映画を引っ張り出してきた感がある。

パピヨンことアンリ・シャリエールは実在の脱獄犯で、本人の手記が原作。しかし、1973年のオリジナル映画化の際に脚本チームにドルトン・トランボが参加し、原作では簡単にしか触れられていなかったドガの部分を大幅に膨らませ、そこにダスティン・ホフマンを充てたことが映画のヒットにつながったらしい。

このリメイクではスタッフにトランボの名前は無いが、エンドロールで名前がちらっと出たように、オリジナルの脚本で書き足した部分をそのまま採用している。なので、映画の基本的なストーリーはオリジナルにかなり近い。細かなところでは、ボートでの脱獄の後の顛末や、独房でのシーンの描写、エンディングなどやや違う部分があるが、予想した以上に前作に忠実な印象を受けた。

日本で公開されなかった理由は主演の2人が無名だったからと思われるが、2人共かなり良い。ラミ・マレックは既に有名になってしまったが、チャーリー・ハナムも独房のシーンなど、パピヨンの意志の強さを静かに演じているところが良かったと思う。オリジナルの映画を観た際には、パピヨンが何度かの脱獄に失敗するたびに長期間独房に入れられて、最後の脱獄を企てるときにはマックィーンもホフマンも白髪の老人に成り果てていたのに少なからずショックを受けたが、本作では割と若々しく撮られていて、この方が違和感がない。

主演俳優のネームバリューではオリジナルに及ばないが、ちゃんと作られていて期待していた以上に良かった。

予告編

2019年に観た映画

2019年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする