今日の映画 – メン・イン・ブラック インターナショナル(Men in Black International)

Men in Black International

映画レビュー

MIBシリーズの4作目。トミー・リー・ジョーンズとウィル・スミスはギャラが高くなりすぎたので主演はクリス・ヘムズワースとテッサ・トンプソンとなりリフレッシュされた。最初のMIBがベテランと新入りという組み合わせだったが、この映画でもトップエージェントのH(ヘムズワース)と新入りエージェントM(トンプソン)の組み合わせ。新入りエージェントの初々しさに加えて、男の世界だったMIBに女性エージェントが入るというところが新しい。一般人が知らないところで平和を守る秘密組織の映画としては「キングスマン」と似たところがある。

ストーリーは組織の中に裏切り者が居てというよくあるパターンで新味はなく、先が予想できるような筋書き。エア・スクーターを使ったアクションシーンや、双子の敵との戦いなど織り込まれているシーンは良くできていてそれなりに楽しめる。まあ、あまり硬いことをいう映画ではないので、楽しめればそれで良い。

主演の2人はクリス・ヘムズワースがアベンジャーズの「ソー」の役で連続出演しているくらいで、それ以外にあまり実績がないコンビだが、それが返って良かったかもしれない。バトルシーンでヘムズワースがハンマーを持つところが笑わせる。ハイT役のリーアム・ニーソンは演技はとは言えないが、年をとって渋みが出てきたのでこれくらいの役ならいい感じ。

予告編

2019年に観た映画

2019年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする