今日の映画 – Johnny Winter: Down & Dirty

Johnny Winter晩年のドキュメンタリー。映画として劇場公開されず、2014年にDVDが発売された。そのDVDの劇場での上映会に参加してきた。

Johnny Winter_ Down & Dirty (2014) - IMDb - Mozilla Firefox 2016-04-23 11.04.28

冒頭は、「この映画のタイトルを決めなければならないが思いつかない」というようなことを言っていて、画面が切り替わった瞬間に、「Down & Dirty(転んで泥だらけ)」に決めていたというシーンから始まる。ツアーのための移動なのか、このシーンを含めてキャンピングカーの中での撮影がわりとある。

本人以外にインタビューで出演しているのは、弟のエドガー・ウィンター、ZZ Topのビリー・ボギンズ、エアロスミスのジョー・ベリー、オールマン・ブラザーズ・バンドのウォーレン・ヘインズ、スーザン・テデスキ、デレク・トラックス、ジェイムズ・コットンなど。

ロバート・ジョンソンのレコードをプレイヤーにかけてCross Road Bluesを聴きながら、Creamのカバーは下手くそだったというとこなんか面白い。それで気を悪くした訳ではないとおもうが、なぜかエリック・クラプトンはインタビューに含まれてなかった。

Johnny Winterの若いころのスチル写真やビデオなどを織り交ぜて回想が語られる。その後、ヘロインに手を出すところから、各種薬物を大量に常用して死にそうになるところなどが本人を含めた多くの人から証言される。

復活後の海外ツアーは、香港、東京、札幌のシーンが含まれていた。札幌の公演の後と思われるが、焼肉ができるカラオケ屋という不思議な場所で、レイチャールズの曲を歌う所は笑える。若いころはなんとなくシャイな感じに見えたけど、晩年はおちゃめなおじいちゃん。


2016年に観た映画

番号 邦題 原題 監督 評価
20 Johnny Winter: Down & Dirty Johnny Winter: Down & Dirty Greg Olliver 3.5
19 スポットライト Spotlight Tom McCarthy 4.5
18 さざなみ 45 Years Andrew Haigh 4.5
17 ルーム Room Lenny Abrahamson 3.5
16 最高の花婿 Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu? Philippe de Chauveron 3.5
15 人生は小説よりも奇なり Love is Strange Ira Sachs 3.5
14 レッキング・クルー 〜伝説のミュージシャンたち〜 The Wrecking Crew Denny Tedesco 4.0
13 リリーのすべて The Danish Girl Tom Hooper 4.5
12 SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 Sharlock: The Abominable Bride Douglas Mackinnon 2.5
11 ヘイトフル・エイト The Hateful Eight Quentin Tarantino 4.5
10 マネー・ショート 華麗なる大逆転 The Big Short Adam McKay 4.0
9 キャロル Carol Todd Haynes 4.5
8 サウルの息子 Saul fia Laszlo Nemes 3.5
7 ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 5 Flights Up Richard Loncraine 3.0
6 独裁者と小さな孫 The President Mohsen Makhmalbaf 4.5
5 ブラック・スキャンダル Black Mass Scott Cooper 4.0
4 消えた声が、その名を呼ぶ The Cut Fatih Akin 4.0
3 完全なるチェックメイト Pawn Sacrifice Edward Zwick 4.0
2 ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spies Steven Spielberg 4.5
1 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 The Force Awakens J.J. Abrams 4.8
スポンサーリンク

フォローする