今日の映画 – ダラス・バイヤーズクラブ(Dallas Buyers Club)

アカデミー主演男優賞、助演男優賞を獲った映画。

ダラス

有楽町のヒューマントラストシネマで観る。ここはテアトル系の映画館で比較的小さいとこやけど、興行的にあまりパッとしないけどええ映画をやってくれる。ダラス・バイヤーズ・クラブも日本の大手映画配給会社からは、当たらん映画と思われたかもしれんけど、アカデミー賞で評価急上昇。

映画のカテゴリーとしては社会派物で、そんなに教養があるタイプでもない主人公がお役所然として市民一人ひとりのことを気にも掛けてない権力に立ち向かっていくというもの。

ある意味、「エリン・ブロコビッチ」と似てるけど、ちがうのはこの映画の主人公がHIV感染で余命30日の宣言を受けてから活動し始めたこと。そのため、ストーリーが展開していく際の緊張感で「エリン・ブロコビッチ」を上回ってる。

そういうわけで、監督も脚本もええねんけど、この映画を並みの映画から一線を画させてるのは、マシュー・マコノヒーの熱演。アカデミー授賞式でのスピーチは上から目線で「なんや、こいつ」て感じやったけど、この映画の役はハマってて主演男優賞取るのもなるほどと思わせる出来栄え。 狂気と退廃の生活からシャキッとした服を着て知性的なところまで、この役を演じられる別の俳優を思いつかんくらい。

助演男優賞を獲った、ジャレッド・レトは頑張ってたけどアカデミー賞取るかどうかというと、ちょっと微妙。そういうのも含めて全体としてええ映画。


Trailer


2014年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
1 ブランカニエベス Blancanieves Pablo Berger 4
2 フォンターナ広場 イタリアの陰謀 Romanzo di una strage Marco Tullio Giordana 3
3 鑑定士と顔のない依頼人 The Best Offer Giuseppe Tornatore 3
4 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive Jim Jarmusch 4
5 さよなら、アドルフ Lore Cate Shortland 3
6 ROOM237 Room 237 Rodney Ascher 2
7 エレニの帰郷 The Dust of Time Theo Angelopoulos 4
8 アメリカン・ハッスル American Hustle David O. Russell 3.5
9 ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street Martin Scorsese 4.5
10 大統領執事の涙 The Butlerl Lee Daniels 3.5
11 エージェント:ライアン Jack Ryan: Shadow Recruit Kenneth Branagh 2.5
12 ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club Jean-Marc Vallee 4.5
スポンサーリンク

フォローする