今日の映画 – カーズ クロスロード(Cars 3)

カーズ クロスロードのポスター

映画レビュー

日本語タイトルは「カーズ クロスロード」となっているが、原題はシンプルに「Cars 3」。そのタイトルの通り、ディスニー/ピクサーによるアニメの第3作。1、2作を観ていないが、評判が良かったので観に行った。

映画は自動車を擬人化したアニメ、なので登場するのは全て自動車で前面の窓が目、フロントグリルに口がある。よく考えると変やけど、意外とすんなりと見れてしまう。登場キャラクターは前作から継承されているので1、2作を観ているに越したことはないが、観ていなくても十分楽しめる。

主人公は1作目から通してレーシングカーのライトニング・マックィーン。1作目でデビューして、2作目ではトップレーサーになっていて、本作では新世代のライバルの登場で引退かどうかまで追い詰められる。車が擬人化されているので、装備をグレードアップするとかではなく、走れるようになるため車自体が練習するという構図。とはいえ、世代の違いは同仕様もなく、旧世代の仲間は引退、マックィーンもタイムが上がらないまま大事なレースを迎える。

スポーツ物の映画に良くあるのは、強敵が立ちはだかってかなり分が悪そうなところから、周囲の応援に見守られつつトレーニングで必殺技とかを身に着けて、本番では負けそうになりながら最後に大逆転というような分かりやすいストーリー。

ところが本作では、マックィーンが練習の成果が上がらないまま本番になるので、ここでまず「あれっ?」となってしまう。ここで先が読めなくなってしまうが、さらに偶然の事故でレースが中断されたときにマックィーンに代わってそれまで行動を共にしてきたトレーナーのクルーズが途中から出場という「奇手」に出る。そして、ほぼ最下位からトップに追いついて逆転優勝と観客を喜ばせるが、ちょっとこの筋無理あるのんちゃう? クルーズはレーサー希望やったけど、本格的なレースに出るのはこれが初めやし。

この結末が無理っぽいところに目をつむれば、アニメとはいえ大人でも楽しめる。風景などの描き込みもアニメよりも実写に近い感じ。車は擬人化してあるので顔の部分が表情にともなって動くが、レーシングカーのボディの質感とかかなり良い。動きについても、ダートでコーナーに突っ込んでドリフトで抜けてくるところなんか見ていてワクワクするような躍動感、レースのシーンも良く出来ている。

予告編

2017年に観た映画

2017年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする