今日の映画 – キャロル(Carol)

原作はパトリシア・ハイスミスとう人の「The Price of Salt」という小説。この作者はヒッチコックが映画化した「見知らぬ乗客」やアラン・ドロンが主演した「太陽がいっぱい」の原作者でもある。

Carol

原作が1952年に書かれたというだけのことはあって、出会い~発展~危機~ハッピーエンドと続く古典的な構成のラブ・ストーリーで、当時のハリウッド映画を連想させるような造り。ただ、違うのは恋愛関係の2人が女同士ということ。

LGBT物は最近の映画の1ジャンルになっているが、この映画は時代背景もあって正統派の恋愛映画の風格を感じさせる。そして、その要因のかなりの部分がケイト・ブランシェットの存在感に負う所が大きい。「ブルー・ジャスミン」でアカデミー主演女優賞を獲ったからという訳ではないだろうが、円熟味が出てきたように思う。

一方のルーニー・マーラは「ドラゴン・タトゥの女」のリスベット役が良かったのに、その後これという作品がなく心配させていたが、全く違った役柄で久しぶりに会心の演技というところ。

あと、舞台は1950年台のニューヨークなので、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラの衣装や部屋の内装、家具なども見物。


Trailer


2016年に観た映画

番号 邦題 原題 監督 評価
9 キャロル Carol Todd Haynes 4.5
8 サウルの息子 Saul fia Laszlo Nemes 3.5
7 ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 5 Flights Up Richard Loncraine 3.0
6 独裁者と小さな孫 The President Mohsen Makhmalbaf 4.5
5 ブラック・スキャンダル Black Mass Scott Cooper 4.0
4 消えた声が、その名を呼ぶ The Cut Fatih Akin 4.0
3 完全なるチェックメイト Pawn Sacrifice Edward Zwick 4.0
2 ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spies Steven Spielberg 4.5
1 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 The Force Awakens J.J. Abrams 4.8
スポンサーリンク

フォローする