Windows PCで再生した動画をChromecast経由テレビで見る

Chromecastが登場した時からWindowsのChromeブラウザのタブをChromecastへCastすることが出来ていたが、当時はWindowsの画面全体をCastすることはできなかったはず。

chromecast

ところが、いつの間にか画面全体をCastできるようになっていた。これが可能であれば、Chromecastに対応していないアプリの実行内容を画面ごとChromecastへ飛ばすことが出来る。

例えば、YouTubeの動画をテレビで見たい場合は、スマホかタブレットのYouTubeアプリで操作してChromecast経由でテレビに映すのが簡単で手っ取り早い。ところが、PCのハードドライブに保存したビデオ映像をテレビで見ようとすると結構煩わしい。しかし、PCでビデオを再生して画面ごとTVにキャストしてしまえば簡単で手間いらず。

必要なものは、

  • Windows PC
  • Chromeブラウザ(Google Castの拡張機能は今では最初から組み込まれているので追加は不要)
  • ビデオ再生アプリケーション(VLCメディアプレーヤーなど)
  • 再生する動画ファイル

まず、Chromeの「Google Cast」のアイコンをクリックする。

Google Castの説明1

現れたポップアップの「キャストするデバイス」の右の「▼」をクリック。

Google Castの説明2

ソースの選択画面で「デスクトップをキャストしています」を選択する。

Google Castの説明3

次にキャスト先を選択する。

Google Castの説明4

マルチモニターの場合は、キャスト元の画面の選択になるので、キャストする画面を選択して「共有」をクリック。

Googlecastの説明5

あとはキャスト元の画面でビデオを再生するだけ。

キャスト元の動画

テレビで見ると次の様に見える。

キャスト先のテレビでの動画

解像度は十分で、動画の再生も音のズレはないし、まれにカクついたかなという気がする程度で概ね滑らかに見ることができた。これはけっこう使えそう。

スポンサーリンク

フォローする