スマートカードリーダーを買い換える

マイナポータル

昨年にとうとうマイナンバーカードを作ったので、マイナポータルを見てみるとマイナンバーカードを健康保険証として利用するための事前申し込みというのをやっていた。マイナンバーカードに保険証を統合しても市中の医療機関がそれに対応するのに相当時間が掛かりそうなので特段メリットを感じないが、せっかく作ったマイナンバーカードの使いみちの一つとしては悪くない。

そこで、昔使っていたスマートカードリーダーを引っ張り出してきて手続きをしようとしたがマイナンバーカードを読まない。以前はこれで住基カードなどが読めたのだが・・・。

NTT Com

仕方がないので、新しいリーダーを買おうとAmazonを見てみたが、名のあるメーカーのものは結構高い。一方、1000円以下で買えるお手頃なリーダーはいくつもあるが、皆同じ形をしているのでおそらく中国製。

健康保険証のマイナンバーカードへの統合なんてそうそうあるものじゃないので、リーダーを使う可能性があるのは確定申告をオンラインで済ませるときくらい。使用頻度は極めて低くなりそうなので、中国製だろうが割り切って安いものを選ぶことにした。

よく見ると、スマートカードリーダー単機能のものと、メモリーカードリーダの機能を併せ持つものと2種類あることが分かった。

結局買ったのは、これ。USB接続のメモリーカードも読めるスマートカードリーダー

外箱表

スペックはこの通り。残念ながらUSB 2.0。スマートカードリーダーとして使うにはUSB 2.0で何ら問題ないが、メモリーカードからPCへの転送などにはUSB 3.xが欲しかったところ。SIMカードを読むこともできるようだが、特に必要を感じない。

Spec

本体はこんな感じ。左右の側面にメモリーカード用のスロットがある。

本体

Windows 10のPCではドライバーを用意すること無く、USBコネクタを挿すだけでインストール完了。デバイスマネージャではスマートカード読み取り装置として認識されていた。

Device Manager

マイナンバーカードを読ませて、マイナポータルから健康保険証の件について申し込みを行ったが、問題なく完了できた。

SC Reader

次に使う機会は確定申告かな。

スポンサーリンク

フォローする