The Meguro Tavern [目黒]

目黒の権之助坂に面したところにあるイングリッシュパブ。1998年からの営業ということやけど、ビルの2階にあって入り口が奥まった所にあるので今まで気が付かんかった。階段で2階へ上がると、インド料理店と隣り合わせ。入り口のドアはいかにもイギリス風。

P_20150111_123432

店内は明るすぎず、暗すぎず。調度もロンドンで行ったパブの雰囲気。

P_20150111_123704

スポーツ中継を流している大画面テレビが2つ。天井に下がる旗はユニオンジャックではなくイングランドの旗。

P_20150111_123717

トイレの標識はロンドンの地下鉄のマーク。

P_20150111_123746

イングリッシュパブやから飲みに来る場所やけど、今日の目的はランチ。日曜日はランチタイムにSunday Carveryというのをやっていて、内容は3種のロースト肉とイングランド風の付け合せ。

P_20150111_123840

入り口のレジで代金を払って、プラスチック製のトークンをもらう。奥のカウンターでトークンを渡すと、イギリス人店主のおじさんがビーフ、ラム、ポークのロースト肉をその場で塊から切ってくれる。付け合せのヨークシャー・プディング、フライドポテト、マッシュポテト、芽キャベツ、ミックスベジタブルをセルフサービスで好きなだけ取ってソースを掛ける。

P_20150111_132748

ソースはビーフ用にホースラディッシュ、ラム用にミント、ポーク用にアップルの3種類、そしてヨークシャー・プディング用のグレイビー。ローストはローズマリーをまぶしてしっかり焼いたもの。ビーフはローストビーフのイメージと違って、仲間で火が通っているけどパサパサしていないので、これはこれで旨い。ラムは羊の臭みが全く無く、これが一番旨かった。初体験のヨークシャー・プディングはシュークリームの皮みたいな感じ。野菜は茹でただけのイングランド風。

P_20150111_124708

飲み物はカウンターで好きなのを選んで、キャッシュで払う方式。ビールは、Guiness、Corona、日本のビールなどもあり、ちょっと日和ってる。

P_20150111_123848

このメニューには載ってないけど、昨年から自分で作り始めたというクラフトビールが3種ある。どんな味か聞いてみたら、試飲させてくれた。

P_20150111_124552

それぞれ、1,000円/パイントのところ、作りすぎてしまったという「Gonnosuke」がセールで800円。ただ、ちょっと好みよりもあっさり系やったので、一番しっかり味のにする(名前忘れた)。これはいける。

P_20150111_124641

かみさんはシードル。Strongbowという銘柄はロンドンで見たような記憶。

P_20150111_124750

飲み物をオーダすると特典があって、食べ物をお代わりできる。ので、食べ終えた皿を持って、カウンターへ。「お代わりください」というと「Yes, as long as you keep drinking.」と3種の肉を切り分けてくれる。さすがにポテトはパスして芽キャベツを少しいただく。

P_20150111_131310

飲み物と併せて約3,000円のランチは安くはないけど、お代わり付きで肉をしっかり食べた気になる。食事中に出入りしていた他の客の8割くらいは外国人。店の雰囲気と併せて、目黒でロンドン旅行したような気分。


The Meguro Tavern (東京都目黒区下目黒1丁目3-28 サンウッド目黒ビル2F)