てきとーレシピ – ムラビアーン

定期的にポストに投げ込まれている地元の情報誌の「おすすめ料理」欄に載っていた料理。紹介していたのはクウェートの駐日大使夫人で2人前に換算した材料とレシピは以下の通り。

材料

  • 米(インディカ米) 1.5カップ
  • 水 2カップ
  • 玉ねぎ 中1個、みじん切り
  • むきエビ7~8尾、あらみじん、干しエビでもよい
  • レンズ豆 30g
  • サラダ油 適量
  • スパイス – ガラムマサラ 小さじ1、カルダモン 小さじ1/2
  • 5mm角切りにした野菜、冷凍のミックスベジタブルでもよい
  • 缶詰トマト 半カップ
  • にんにく 小さじ1/2
  • 黒こしょう、コリアンダーパウダー 少々

作り方

  • 米とレンズ豆をそれぞれ30分間水に浸し、ザルにあげておく。
  • 玉ねぎの半分、野菜の半分、エビを炒め、スパイスを加えて10分火に掛ける。「エビ入り具材」のできあがり。
  • 残りの玉ねぎ、野菜、レンズ豆を5分間炒め、水を加えて柔らかくなるまで煮る。「エビ入り具材」の半分と米を加え、水気がなくなるまで煮る。
  • にんにくを炒め、黒こしょう、コリアンダーを加えて1分間炒める。
  • トマトを加えて7分間煮込んで「ダクース」のできあがり。
  • 炊きあがったライスの上に、「エビ入り具材」の残りを掛け、さらに「ダクース」を掛けてできあがり。

材料が足りなかったりしたので、少し変更。変更点は、

  • インディカ米の代わりに日本米を使用
  • カルダモンがなかったので代わりにクミンを使った
  • トマトは缶詰でなくフレッシュを使用
  • コリアンダーパウダーが切れていたので、代わりに鷹の爪
  • エビは乾燥桜えびを使用

WP_20140729_001

本物のムラビアーンを食べたこと無いのに材料の一部を勝手に変えたけど、まあ、そんなに外れてないやろ。 スパイスが効いていて夏向きやし、米粒の間に入っているレンズ豆の食感が悪くない。

スポンサーリンク

フォローする