旬菜 本多 [東麻布]

麻布十番と赤羽橋との間にある和食の店。一見では入りにくい店構え。

P_20150630_130905

しかし、ランチタイムのメニューが出ているので大丈夫。

P_20150630_123250

店内は全てテーブル席の落ち着いた雰囲気。流れる音楽はジャズ。平日のランチタイムやったので、サラリーマン風の客が多いが大規模なオフィスからは離れているので行列ができるという感じでもない。

P_20150630_130654

調理場は一弾高いところにあって、客席を見渡す窓がある。

P_20150630_123454

刺身定食にするか迷ったものの、宇和島鯛飯定食にする。

P_20150630_123507

出てきたのがこれ。思った以上にボリュームあり。

P_20150630_124518

ご飯の上に乗っているのは切り干し大根とごま。

P_20150630_124446

見た目よりもあっさり味の大根とアラの煮物には魚の切り身のフライが乗っている。衣はカレー味。奥に見えるのは冬瓜を煮たもの。

P_20150630_124453

メインは鯛の刺身。大きな切身で思ったより量がある。これを卵がはいっただし汁に浸けてご飯に乗せて食べる。

P_20150630_124502

これにきゅうりと山芋の和物と味噌汁が付く。味噌汁は野菜が何種類も入っていて、魚のアラで出しを取ってある。

昼時は厨房と客室各一人で回しているみたいで、手が回っていないところも見受けられたが、それを差し引いても満足度高い。


旬菜 本多(港区東麻布2-30-9)