てきとーレシピ – 手作りベーコン

昨年暮れに、「よし、ベーコンを作ろう」と思い立って買った豚バラ肉、約1kg。



レシピサイトを見ると、漬け込む液を作るとか、フォークで穴をあけるとかいろいろ書いてあるけど、「てきとーレシピ」は面倒なことはやらないのが信条。

まずは塩漬け。 バラ肉ブロックに塩とコショウをてきとーに振りかけて、全体にまぶす。

それをポリ袋へ入れて、できるだけ空気を抜いて閉じる。それを冷蔵庫で1週間くらい放置。 気が向いたら上下をひっくり返したりする。

約1週間後、肉を取り出して流水で塩抜きする。 そろそろ良いかなと思ったら、端っこを切って焼いて塩加減を見る。

次は乾燥。 この大きさだと中華鍋でのスモークには大きすぎるので半分に切る。

水気を取って、半日も乾かせばスモークできるが、気温も十分低いので、今回はしっかり乾燥させてみる。カラスに持って行かれないようにカバーを掛けて、屋外の陽の当たらない場所に3日程放置、時々上下をひっくり返す。 この状態で越年。

3日後、表面が乾いていい感じ。

スモーカー代わりに中華鍋を使う。後片付けが楽なように、アルミホイルを密着させて敷く。

スモークチップ(今回はサクラ)を一つかみ。

無くても良いが、ピートモスのパウダーを買ったので試し使い。 チップの上にてきとーに振りかける。

このままだと溶けた脂が焼けた煙や煤が付くので、簡単な油受けを作る。

網を乗せて豚肉を置いたら準備完了。

蓋は大きなボウルとか何でも良いが、一度使うと煙の匂いが取れにくい。 わが家では、リタイアしたフライパンを使う。

まず、換気扇を全開。 強火で熱して、煙が出てきたら弱火にして放置。ピートモスを入れたので香りが良いような気がする。

チップが全部燃えきって煙が出なくなったらスモーク終了。 食べるときに再加熱するならこれでOK。 そのまま食べるなら、チップを取り出して加熱継続、肉の中まで火を入れる。

冷まして、冷蔵庫で保存する。

スポンサーリンク

フォローする