日の基 [有楽町]

「日の基」の外観

夜の回の映画が終わったら21時を過ぎていたので軽く飲んで帰ることにして居酒屋を物色。有楽町ガード下の「日の基」へ、向かって右隣は「新日の基」、左は「坂内」、上は山手線のホーム。店内は中央の調理場を囲むカウンターと壁沿いのテーブル席。後ろの席の人と背中が触りそうなくらいテーブルの間隔が狭い。

「日の基」の店内テーブル席

壁、天井、トイレ入り口のカーテン、みんな年季が入っている。

「日の基」の店内壁

隣の「新日の基」はオーナーがイギリス人ということだけあって客の外国人比率が高いが、ここは日本人ばかり。料理は奥の壁に張ってあるメニューを見て注文する方式。

「日の基」の店内風景

飲み物は黒ホッピー。

「日の基」のホッピー

煮込みと鯵の刺身。魚は新鮮。

「日の基」の煮込みとアジ刺し身

野菜の天ぷら。野菜とキノコが10種類くらい盛り合わされている。

「日の基」の野菜天ぷら

有楽町界隈の居酒屋の中では料理はおいしい。長居せずにサクッと飲むのに良いところ。

地図 – 日の基

スポンサーリンク

フォローする