今日の映画 – アメイジング・スパイダーマン2(The Amazing Spider-Man 2)

前作アメイジング・スパイダーマンから始まった新シリーズの2作目。消費税増税以来3D版は+300円となったけど、やっぱりこの映画は3Dやね。

spiderman

ストーリーをどうこういう映画とちがって単純に楽しめば良い映画で、また楽しめる。冒頭のスパイダーマン/ピーター・パーカーの両親の最期とスパイダーマン誕生の秘密はテンポよくシーンが進んで手際よく説明される。

一方、映画のチラシなんかでは、「エレクトロ」、「グリーン・ゴブリン」、「ライノ」を3大敵役みたいに宣伝してるけど、まともに戦うのは「エレクトロ」だけ。「グリーン・ゴブリン」は次回作でも出てくるキャラなので今回の出番は限定的なのかもしれんけど、なんか中途半端。「ライノ」に至っては、小ぶりな脇役のようなもん。

出演者の演技うんぬんでもないけど、ジェイミー・フォックスもサリー・フィールドも楽しんでるというところか?

映画も実写の部分よりCGの部分の方が多いようになってくると、従来の映画での撮影監督の腕の見せ所なんか無くなってしまう。これらを同列に扱ってよいもんか微妙なところ。

3Dに関しては技術の進歩はめざましい。初期の頃の3D映画は眼鏡を掛けて一本見たらかなり目が疲れたけど、今は疲れを感じない。絵の造りも極端に飛び出てくるような派手なものから、背景の奥行きを自然に表現するように変わってきていると思う。

続編が作られることは確実で、次が来たらまた見に行くと思う。エンドロールの背景に3Dの図面のようなものが写っていたのは次回作に関係あるものかもしれない。 エンドロールの途中でいきなりX-Menの予告編が入るのはMarvelらしいけど、ちょっと興ざめ。

入場の際に、名刺大のカードをくれたけど、これ、何やってんやろ?

IMG_20140429_090709


Trailer


2014年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
1 ブランカニエベス Blancanieves Pablo Berger 4
2 フォンターナ広場 イタリアの陰謀 Romanzo di una strage Marco Tullio Giordana 3
3 鑑定士と顔のない依頼人 The Best Offer Giuseppe Tornatore 3
4 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive Jim Jarmusch 4
5 さよなら、アドルフ Lore Cate Shortland 3
6 ROOM237 Room 237 Rodney Ascher 2
7 エレニの帰郷 The Dust of Time Theo Angelopoulos 4
8 アメリカン・ハッスル American Hustle David O. Russell 3.5
9 ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street Martin Scorsese 4.5
10 大統領執事の涙 The Butlerl Lee Daniels 3.5
11 エージェント:ライアン Jack Ryan: Shadow Recruit Kenneth Branagh 2.5
12 ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club Jean-Marc Vallee 4.5
13 MUD – マッド – Mud Jeff Nichols 3.5
14 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 Nebraska Alexander Payne 3.5
15 それでも夜は明ける 12 Years a Slave Steve McQueen 4
16 LIFE! The Secret Life of Walter Mitty Ben Stiller 3.5
17 ホビット 竜に奪われた王国 The Hobbit: The Desolation of Smaug Peter Jackson 3
18 あなたを抱きしめる日まで Philomena Stephen Frears 3.5
19 ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks John Lee Hancock 4
20 ブライアン・ウィルソン ソングライター ザ・ビーチ・ボーイズの光と影 Brian Wilson: Songwriter 1962 – 1969 Chrome Dreams 3
21 8月の家族たち August: Osage County John Wells 4.5
22 アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2 Marc Webb 3
スポンサーリンク

フォローする