今日の映画 – ある過去の行方(Le passé)

イラン人監督アスガー・ファルハディの最新作。前作「別離」も主人公の家族とそこに絡んでくる人たちの心理を掘り下げた正統派の映画やった。ただし、「別離」はテヘランに住む人たちのイスラム文化を背景としていて、エスニック色がかなり強かった。

ある過去の行方

この映画では、舞台をパリに移し、主演女優もフランス人の役柄となって観た感じは全くフランス映画。メインの2人の男優は濃い顔してるけど。

ストーリーはフランスとイランとに別居中の夫婦の離婚の話を軸に、妻のボーイフレンドと自殺未遂で植物人間状態になってしまったその妻、さらには従業員が絡んでくる。

映画の前半は離婚しようとしている夫とボーイフレンドを含む三角関係にさらに子供たちが加わった心理劇という感じ。3人の子役がみんな達者でよくやっている。

中盤からはボーイフレンドの妻の自殺未遂前の経緯を調べてみると色々なことが分かってくるという推理小説っぽい色合いが重なる。

映画を通して、大人の人間関係が一見普通でも、一皮むくと辛辣に相手を攻撃したり皮肉ったりとかなりギスギスしているシーンが繰り返される。そういう、心がザラッとするところで破局へ走らず、なんとか保たせて終盤へと繋がっていく。ここを不自然に感じさせないのは脚本と監督の腕前のなせる技か。

全体としては重たい内容やけど、最後までグイグイ引っ張っていく力強さを感じさせる映画。


Trailer


2014年に観た映画一覧

番号 邦題 原題 監督 評価
1 ブランカニエベス Blancanieves Pablo Berger 4
2 フォンターナ広場 イタリアの陰謀 Romanzo di una strage Marco Tullio Giordana 3
3 鑑定士と顔のない依頼人 The Best Offer Giuseppe Tornatore 3
4 オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ Only Lovers Left Alive Jim Jarmusch 4
5 さよなら、アドルフ Lore Cate Shortland 3
6 ROOM237 Room 237 Rodney Ascher 2
7 エレニの帰郷 The Dust of Time Theo Angelopoulos 4
8 アメリカン・ハッスル American Hustle David O. Russell 3.5
9 ウルフ・オブ・ウォールストリート The Wolf of Wall Street Martin Scorsese 4.5
10 大統領執事の涙 The Butlerl Lee Daniels 3.5
11 エージェント:ライアン Jack Ryan: Shadow Recruit Kenneth Branagh 2.5
12 ダラス・バイヤーズクラブ Dallas Buyers Club Jean-Marc Vallee 4.5
13 MUD – マッド – Mud Jeff Nichols 3.5
14 ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 Nebraska Alexander Payne 3.5
15 それでも夜は明ける 12 Years a Slave Steve McQueen 4
16 LIFE! The Secret Life of Walter Mitty Ben Stiller 3.5
17 ホビット 竜に奪われた王国 The Hobbit: The Desolation of Smaug Peter Jackson 3
18 あなたを抱きしめる日まで Philomena Stephen Frears 3.5
19 ウォルト・ディズニーの約束 Saving Mr. Banks John Lee Hancock 4
20 ブライアン・ウィルソン ソングライター ザ・ビーチ・ボーイズの光と影 Brian Wilson: Songwriter 1962 – 1969 Chrome Dreams 3
21 8月の家族たち August: Osage County John Wells 4.5
22 アメイジング・スパイダーマン2 The Amazing Spider-Man 2 Marc Webb 3
23 プリズナーズ Prisoners Denis Villeneuve 4
24 ブルー・ジャスミン Blue Jasmin Woody Allen 3.5
25 ダークブラッド Dark Blood George Sluizer, 4
26 ある過去の行方 Le passé Asghar Farhadi 4
スポンサーリンク

フォローする