今日の映画 – フェンス(Fences)

Fences

映画レビュー

デンゼル・ワシントンが珍しく悪い人の役をやる映画。主演はデンゼル・ワシントンとこの映画でオスカーを獲得したビオラ・デイビス。この2人はフェンスの舞台でも共演していて、そのまま映画でも演っているので勝手知ったる余裕の演技。

監督もデンゼル・ワシントンで、原作と舞台に忠実に映画化したらしい。なので、映画を見ていても随所に舞台を連想させる場面がある。例えば、冒頭のトロイ(デンゼル)、ローズ(ビオラ)、ボノ(スティーヴン・ヘンダーソン)の3人の会話シーンは台詞の連続でほとんど途切れない。その8割はデンゼルが喋り続けている感じ。トロイが自分の過去を息子たちに語るシーンも多分に視聴者向け説明風で、やや違和感を抱くところがあった。しかし、そういうところも含めて、原作と舞台を尊重しているのだろうと思う。

このトロイという父親はかなり変わった人格に描かれている。良い、父親ではないが、息子たちに暴力を振るっているようではない。その代わりにきつい言葉で恐怖を与え、精神的に痛めつけて息子たちを押さえ込んでいる様子。面白いのは妻のローズが、トロイに好き勝手言わせておきながら給料をまるごと取り上げて、きっちり尻に敷いているところ。

その微妙なバランスで成り立っていた家庭が、トロイの浮気事件でおかしくなってしまうが、それでもトロイの息子たちへの高圧的態度は変わらないのは見上げた悪おやじ。

タイトルが「フェンス」で、映画の中ではトロイが死神から家族を守るためにフェンスを作ると象徴的に使われるが、トロイが嫉妬のため息子たちの成功を邪魔する行動は息子たちにとって「フェンス」であり、トロイが自身の嫉妬心に目を向けず心を閉ざしてしまっているのも「フェンス」であるかもしれない。

このアカデミー助演女優賞を受賞した作品がなぜか日本では映画館で上映されていない。DVDが発売され、アマゾンなどからのストリーミングでも観ることができるが、こういう映画が日本の興行システムにマッチしないのは残念。

予告編

2017年に観た映画

2017年版「今日の映画」のリストはこちら

スポンサーリンク

フォローする