今日の映画 – ルーム(Room)

7年間一つの部屋で監禁されていた親子の話。

Room

というところまでは予告編などで知っていたので、「パニック・ルーム」の連想から、監禁から脱出するまでのドラマかと思って観に行ったら映画の前半で脱出してしまった。脱出するにあたっては、母親ジョイ役のブリー・ラーソンがいろいろと知恵を巡らせて、5歳の息子に言い聞かせて実行に移るが、けっこうハラハラさせられる。運良く逃げ出した息子を保護した女性警察官が頭脳明晰で、あっという間に「部屋」を見つけ出して母親を開放する。

映画の前半部分は登場人物がこの親子と犯人の男の3人しか出てこないが、大半は親子の2人。会話も当然親子の会話がほとんどだが、脚本が工夫して作られていて、親子の会話によって7年前に誘拐されたこと、逃げ出そうとして失敗したことなどがだんだんと分かってくる。

映画の後半は一転して5年間、母親と犯人の男以外の人以外はテレビでしか見たことのない息子ジャックが「部屋」の外の現実世界に適応できるかどうかが興味の中心になってくる。ジャックは最初は見たことのないものにおどおどするし、登り降りしたことのない階段にも苦労するが、恐るべきスピードで適応して、同じ年頃の友達を作ってしまうまでになる。

一方、監禁されていた時には息子を守る強い母親だったジョイは開放されてみると失われた7年間のことや離婚した父親との関係などを受け止めることができずに心のバランスを崩してしまう。この前半と後半のまったく異なる環境に振り回される母親役でブリー・ラーソンがアカデミー主演女優賞を獲得。たしかに良かったけど、ちょっと大盤振る舞いすぎる気がする。

これなら、息子のジョーイ役のジェイコブ・トレンブレイがアカデミー助演男優賞でもおかしくない。そう思わせるくらい久しぶりの大型新人子役だといえる。もっとも、良い子役が将来大成するとは限らないが。

観ていて面白い映画であるし、良く出来ていると思う。 が、観ている者が子役に思い入れるのを計算して作ってあるようにも思えるのは考え過ぎか?


Trailer


2016年に観た映画

番号 邦題 原題 監督 評価
17 ルーム Room Lenny Abrahamson 3.5
16 最高の花婿 Qu’est-ce qu’on a fait au Bon Dieu? Philippe de Chauveron 3.5
15 人生は小説よりも奇なり Love is Strange Ira Sachs 3.5
14 レッキング・クルー 〜伝説のミュージシャンたち〜 The Wrecking Crew Denny Tedesco 4.0
13 リリーのすべて The Danish Girl Tom Hooper 4.5
12 SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁 Sharlock: The Abominable Bride Douglas Mackinnon 2.5
11 ヘイトフル・エイト The Hateful Eight Quentin Tarantino 4.5
10 マネー・ショート 華麗なる大逆転 The Big Short Adam McKay 4.0
9 キャロル Carol Todd Haynes 4.5
8 サウルの息子 Saul fia Laszlo Nemes 3.5
7 ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります 5 Flights Up Richard Loncraine 3.0
6 独裁者と小さな孫 The President Mohsen Makhmalbaf 4.5
5 ブラック・スキャンダル Black Mass Scott Cooper 4.0
4 消えた声が、その名を呼ぶ The Cut Fatih Akin 4.0
3 完全なるチェックメイト Pawn Sacrifice Edward Zwick 4.0
2 ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spies Steven Spielberg 4.5
1 スター・ウォーズ/フォースの覚醒 The Force Awakens J.J. Abrams 4.8
スポンサーリンク

フォローする